『ポリスアカデミー』ヒュー・ウィルソン監督が死去 74歳

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ヒュー・ウィルソン監督 ご冥福をお祈りいたします - George Rose / Getty Images

 映画『ポリスアカデミー』(1984)を手掛けたヒュー・ウィルソン監督が現地時間1月14日にアメリカ・ヴァージニア州の自宅で亡くなったと、Los Angeles Times のお悔やみ欄を通じて発表した。74歳だった。死因は公表されていない。

日本でも一大ブームとなった『ポリスアカデミー』

 ウィルソン監督は、シットコム「かっとび放送局WKRP」(1978~1982)や、エミー賞を受賞した「フランクズ・プレイス(原題) / Frank's Place」(1987~1988)など、テレビドラマのクリエイターとしても知られた。『ポリスアカデミー』では監督と脚本を務め、アメリカ国内はもちろん日本でも一大ブームを巻き起こすヒット。その後、6作の続編が作られる人気シリーズとなった。

 そのほか、シャーリー・マクレーンニコラス・ケイジが共演した『不機嫌な赤いバラ』(1994)、ベット・ミドラーゴールディ・ホーンダイアン・キートン共演の『ファースト・ワイフ・クラブ』(1996)、ブレンダン・フレイザー主演の『タイムトラベラー/きのうから来た恋人』(1999)などのコメディー作品を監督した。(編集部・入倉功一)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]