シネマトゥデイ

深キョン妊活ドラマ、デリケートなテーマがたくさん!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「隣の家族は青く見える」で妊活中のスキューバダイビングのインストラクターを演じる深キョン(写真は深田恭子Instagramのスクリーンショット)

 深田恭子主演の連続ドラマ「隣の家族は青く見える」(フジテレビ系・毎週木曜夜10時~)が18日にスタート。深田が松山ケンイチとともに演じる妊活中の夫婦をはじめ、コーポラティブハウス(集合住宅)で暮らす4世帯の日常を描く本作はコミカルなようでいて、「さまざまな家族のあり方」を描くデリケートなテーマが注目を浴びている。

【写真】夫婦役!着物姿の深キョン&松山ケンイチ

 さまざまな家族が自分たちの意見を出し合いながら作り上げる「コーポラティブハウス」という舞台がまずユニーク。一戸建てよりも安価で、マンションよりもデザインにこだわれる、と聞くといいことだらけのようだが、互いの生活が丸見えになるところがポイントだ。

[PR]

 コーポラティブハウスで暮らすのは、妊活中の五十嵐夫妻(深田恭子&松山ケンイチ)、結婚間近の亮司&ちひろカップル(平山浩行高橋メアリージュン)、男性同士の渉&朔カップル(眞島秀和北村匠海)、2人の娘を持つ小宮山夫妻(野間口徹真飛聖)。

 不妊治療にはどのような心構えが求められるのか、治療前にはどのような検査が必要になるのか、そこからどのようなステップがあるのか。1年経っても子供が出来ず不妊治療の選択を迫られる五十嵐夫妻の妊活事情が事細かに説明され、この2人の「妊活」がメインになると思いきや、彼らを取り巻くカップル、夫妻たちのキャラクター&事情がインパクト大!

 特に目を引くのが、「女性は子供を産んでこそ一人前」と主張する主婦・深雪(真飛)VS「子供はほしくない」と断言するネイリスト・ちひろ(高橋)のバトル。教育熱心で一見幸福そうに見える深雪だが、実は夫が失業中で、「家を買った後に会社を辞めるなんて信じられない」と夫へのアタリはかなりきつい。夫に会社に行くフリをさせ、食事の写真をSNSにアップするなどで幸福な家族を演じているが、ちひろと遭遇するたびに高級ブランドのバッグをすさまじい形相でチェックし、経済力を妬ましく想っている模様。

 一方、ちひろは子育て命の深雪を毛嫌いしており“地雷発言”も笑顔でやり過ごしているが、亮司には「結婚した女は全員子供を産むとでも思っているわけ? わたしみたいに子供がほしくない人だっているし、ほしくてもできない人だっているんだよ。無神経じゃん」とまくしたてる。「子供はいらないって言うから亮司と結婚することにしたんだからね」というほど決意は固いようだが、亮司には亡くなった元妻との間に息子がおり、彼の存在が2人の結婚に波紋を呼びそうだ。

 そのほか、一級建築士の渉(眞島)と、彼を「わたるん」の愛称で呼ぶ年下のバーテンダー・朔(北村)の間にも問題がチラホラ。同性愛者であることを公言していない保守的な渉と、「一緒に住まないなら別れる」と強引に彼の住居に転がり込んだ積極的な朔。関係はホットだが考え方にずれがあるようで、「たくさん養子をとって大家族で暮らすの」「わたるん子供嫌い?」といった発言からすると、朔は子供を望んでいるのかもしれない。「俺はそういうことまったく考えてないから」とその場をにごす渉だが、2人は徐々に生じてきたずれを軌道修正できるのか。ネット上では、こういったデリケートな問題を今後どこまで掘り下げられるのか、期待の声が上がっている。(編集部・石井百合子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]