山本涼介が「仮面ライダー」で得たかけがえのない経験

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
メンノンモデルとしても活躍中の山本涼介 - 写真:高野広美

 高校野球部のほのぼのとした日常を描いた部活コメディーを実写映画化した『ちょっとまて野球部!』(1月27日公開)で、須賀健太小関裕太とともに野球部の愛すべき3バカトリオを演じた山本涼介。近年、芸能界を席巻する「仮面ライダー」出身俳優として、「仮面ライダー」で得た貴重な体験について語った。

【動画】仲良すぎかよ!須賀健太、小関裕太、山本涼介がたわむれるメイキング映像

 『ちょっとまて野球部!』では、「実際に同じ高校の一年先輩の須賀君と、同級生のこせっきー(小関)と演じられたら楽しいだろうなと思って」とオファーを受けたという山本。実際に撮影現場では、まさに高校時代にタイムスリップしたかのように楽しんだらしく、「出来上がった作品を初めて客観的に観ることができた」と振り返る。

[PR]

『ちょっとまて野球部!』より(C) 2017 ゆくえ高那・新潮社/「ちょっとまて野球部!」製作委員会

 そんな山本は、第22回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでファイナリストとなり、2011年に「花ざかりの君たちへ ~イケメン☆パラダイス~2011」(2011・フジテレビ/関西テレビ)で俳優デビュー。2015年に「仮面ライダーゴースト」(テレビ朝日系)の深海マコト/仮面ライダースペクター役で一躍知られることになった。「やっぱり、一年もの間、同じ役をやれるというのは滅多にないことですし、お芝居を通り越して役と一緒にいる感覚になるんです。この経験はワンクールのテレビドラマだとなかなか味わえないものですし、また映画版もあったので舞台挨拶で人前に立つことも数多く経験しました。おかげで俳優としても、人間としても成長出来たような気がします」。

 2017年10月から12月に放送されたテレビドラマ「陸王」(TBS系)では、同じ仮面ライダー出身組の竹内涼真佐野岳とも共演した。「佐野くんと涼真くんと久しぶりに会い一緒にお芝居できるというのはすごく刺激的でしたし、もっと頑張らないとなと思いました。特に、涼真くんは僕の一代前のライダーなので、涼真くんの活躍を見ながら、これだけ頑張れば、こうなれるんだという一つの道を提示してもらったような思いになりました」と話す。

[PR]
黒の衣装は本人のスタイリングだそうです!

 特別に絆があるという「仮面ライダー」出身組の俳優たち。中でも、同じ「仮面ライダーゴースト」で共演した磯村勇斗とは、何と「毎日、LINEで連絡を取る仲」なんだとか。「演じた役柄も親友的な役だったんですけど、すごく気が合っていつの間にか仲良くなったんです(笑)」。それにしても、男同士で何をそんなに連絡することがあるのだろうか。率直に尋ねると、「お互い洋服の趣味が似ているので、今度これを買おうと思っているとか。笑いのツボも似てるから『あの芸人さんいいよね』とか。お互いにプレゼンし合ってます。もっともLINEしても返事は4時間後とか。そんな感じですよ(笑)」。

 今年は2月から上演される舞台「もののふシリーズ最終章『駆けはやぶさ ひと大和』」の沖田総司役が決まっているほか、新作映画『ニート・ニート・ニート』の公開も控え、露出も増える山本。そんな彼にとって目標の俳優を尋ねると、「昔から小栗旬さんに憧れていましたし、同年代では菅田将暉くん」という。「菅田くんは、『ジュノン~』のファイナリストだったんですが、(自分と同じく)賞はもらっていないんです。でも、その後ライダーを演じて、今や若手男優のトップを行く人になっている。生き方も芝居も参考にさせてもらっています」。

 「仮面ライダー」出身組で華々しく活躍する俳優たちの背中を追う山本。そんな彼の背中を、後に続く後輩たちから追われる日も近そうだ。(取材・文:前田かおり)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]