松山ケンイチ&大竹しのぶが迷司会!昨年の大泉洋を反面教師にしたハズが…

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
“迷”司会っぷりを発揮した松山ケンイチ&大竹しのぶ

 俳優の松山ケンイチと女優の大竹しのぶが8日、イイノホールで行われた第60回ブルーリボン賞授賞式に司会者として出席、グダグダな迷司会ぶりで会場を爆笑の渦に包み込んだ。

ガッキーが主演女優賞!ブルーリボン賞フォトギャラリー

 東京映画記者会(在京スポーツ7紙の映画担当記者で構成)が主催するブルーリボン賞の授賞式の司会者は、前年の主演男優賞・主演女優賞を獲得したコンビが務めるのが恒例となっており、今年は『聖の青春』『珍遊記』で主演男優賞を獲得した松山、そして『後妻業の女』で主演女優賞を獲得した大竹のコンビが司会を務めることとなった。

[PR]

 昨年の司会は大泉洋有村架純だったが、その時の司会ぶりを振り返った大竹が「それまでブルーリボン賞って、本当に格式のある、威厳のある賞だと思っていて。着物を着て挑んだんですけど、(昨年は)とんでもない授賞式でしたね。(大泉がずっとしゃべり続けていたので)記憶に残っているのは大泉さんのおしゃべりだけでした。大泉さんは記者の方に、来年も絶対、ここに受賞者として来たいんで、お願いしますと言っていたんですけど、今年はどうもいらっしゃらないみたいで……。残念!」と語ると、松山も「すごい大好きな役者さんなんで、間違いなく入ってもおかしくないと思うんですけども、おそらく記者さんの方からNGが出たんじゃないでしょうか?」と続けるなど、まずは不在の大泉の話題で会場を盛り上げた。

 司会業に慣れていない二人ということで、その進行もゆるゆるで、その都度、会場は大爆笑。お祝いのビデオメッセージを送った女優・吉永小百合の新作『北の桜守』の告知を忘れてしまい、作品賞の発表に移ろうとしていたことに気付いた大竹が、まるで動画を巻き戻すように「キュルキュルキュル~」と始めて何事もなかったかのように告知を始めたり、久々のブルーリボン賞受賞に「女優にとって映画ってすばらしい場所だなと実感しています」としみじみ語る斉藤由貴に向かっていきなり「去年はいろいろ大変だったこともあったけど……」とぶち込んで会場をざわつかせつつ、「仕事でね。いい仕事をしているし」と笑ってみせるなど、どこまでもマイペースな大竹の姿に一同は大笑い。

主演男優賞に輝いた阿部サダヲ

 さらに主演男優賞を獲得した阿部サダヲのことを、「わたし、阿部さんが大好きで。阿部さんと古田新太さんを先生と呼んでいるんですけど、舞台でもカッコよくてセクシーでね……」と称賛する大竹。しかし、「主演男優賞は、ブルーリボン賞以外は菅田将暉がとっているから」と自虐ネタを語る阿部の姿に困ったのか、大竹は思わず松山に「ねえ、ちゃんとフォローして」と懇願してみせる。しまいには、「どんな映画をやりたい?」という質問に阿部が「いろんな役があると思うので、いろいろと挑戦したいと思います」と返答すると、「めっちゃ当たり前の答え」とバッサリ切り、大竹独特の空気感はこの日も絶好調だった。

 昨年は大泉がしゃべり続け、予定時間を大幅にオーバーしたということで、「今年は“巻き”まではいかないまでも、時間通りに進行したい」と意気込んでいた松山だったが、終わってみれば10分ほど時間が余るという不思議な事態となり、「あれだけグダグダだったのに」と驚く会場内。最後は「こんなグダグダな司会で申し訳ありません。大丈夫だった?」と心配そうな大竹だったが、そのグダグダ感が逆に観客に大ウケ。終始、大盛り上がりの授賞式となった。(取材・文:壬生智裕)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]