シネマトゥデイ

フィギュア少女、エグすぎる鬼母のしつけ!オスカー納得の『アイ,トーニャ』熱演映像

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
やがて、女子フィギュア最大のスキャンダルを起こすことに……少女時代のトーニャ(マッケナ・グレイス) - Copyright (C) 2017 AI Film Entertainment LLC. All Rights Reserved.

 映画『スーサイド・スクワッド』のマーゴット・ロビー主演で、ライバル選手への襲撃事件を起こしたフィギュアスケーター、トーニャ・ハーディングの半生を描く『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』から、幼いころのトーニャが、厳格な母親から厳しすぎる指導を受けるさまを捉えた、本編映像が公開された。本作でトーニャの母親ラヴォナ・ハーディングを演じ、アカデミー賞助演女優賞に輝いたアリソン・ジャネイの熱演が映し出されている。

【映像】強烈すぎる鬼母…『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』本編映像

 幼いころからトーニャを厳しく指導し、五輪代表にまで育て上げたラヴォナ。公開された映像では、まだ幼いトーニャを「やる気、あるの? 私もクソ忙しいんだけど、それで完璧なつもりかい?」と無表情で罵倒。周囲の母親にとがめられても「うるさいんだよクソ女」と相手にせず、トーニャが同年代の女の子と話していると「その子は敵だよ友達じゃない」と友人を作ることも許さない。

[PR]

アリソン・ジャネイ演じる鬼母ラヴォナ・ハーディング

 突然トーニャを蹴り倒すさまも収められており、言葉と肉体の暴力で娘をねじ伏せる“鬼母”のしつけは、まさに常軌を逸している。映画を観たトーニャ本人が、アリソンに「あなた、母にそっくりだった」と伝えたという事実も、恐ろしいかぎりだ。

 8歳から12歳までの幼いトーニャを演じたのは、『gifted/ギフテッド』でクリス・エヴァンスと父娘を演じたマッケナ・グレイス。オスカー女優と天才子役の演技合戦にも注目だ。

 また、脚本にほれこみ本作のプロデューサーを兼任した主演のマーゴットも、スケーティングから方言、振る舞いまでトーニャを完全にコピー。受賞は逃したものの、アカデミー賞主演女優賞にノミネートされた熱演も見逃せない。トーニャの元夫役で『アベンジャーズ』シリーズのバッキー役で知られるセバスチャン・スタンも出演。監督は『ラースと、その彼女』などのクレイグ・ギレスピーが務めた。(編集部・入倉功一)

映画『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』は5月4日より全国公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]