シネマトゥデイ

故プリンスの死巡り刑事訴追せず 強力オピオイドの入手先不明で

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
4月19日、米ミネソタ州検察当局は、2016年に57歳で死去した米人気歌手プリンスさんの死因となった強力なオピオイド(医療用麻薬)がどこで入手されたものか特定できず、刑事訴追は行わないと発表した。写真は1992年6月撮影 - (2018年 ロイター/Dylan Martinez)

[チャスカ(米ミネソタ州) 19日 ロイター] - 米ミネソタ州検察当局は19日、2016年に57歳で死去した米人気歌手プリンスさんの死因となった強力なオピオイド(医療用麻薬)がどこで入手されたものか特定できず、刑事訴追は行わないと発表した。

【写真】プリンスさん急死、各界に衝撃走った

 検察当局は記者会見で、強力なオピオイドである「フェンタニル」が含まれる偽造のバイコディンの入手先は特定できず、プリンスさんの死に関連して刑事訴追を行う十分な証拠はない、と述べた。

 プリンスさんは2016年4月21日、ミネアポリス近郊にある自宅兼スタジオのエレベーター内で亡くなっているのが見つかった。死因は、ヘロインの50倍の強さとされるフェンタニルの過剰摂取による事故死と断定されている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]