栗山千明、安達祐実ら35歳のアイドルヲタに!宮木あや子「婚外恋愛に似たもの」ドラマ化

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
婚外恋愛とは… - (C)エイベックス通信放送

 小説家・宮木あや子の小説「婚外恋愛に似たもの」が映像配信サービス「dtv」で実写ドラマ化されることが発表された。栗山千明安達祐実江口のりこ平井理央富山えり子が出演し、5人はそれぞれのバックグラウンドを持つ“35歳のアイドルヲタク”という役どころに挑む。

【写真】映画『キル・ビル』での栗山千明

 原作は石原さとみ主演で実写ドラマ化もされた「校閲ガール」シリーズなどで知られる宮木が、“35歳オンナ”のリアルを描いた作品。「主婦」「独身」「子持ち」など容姿も職業も収入も性格も生活ランクも異なる女たちが、35歳という年齢と、アイドルグループ「スノーホワイツ」のファンであるという共通点から出会い、階級(ヒエラルキー)を超えて友情を育み、助け合い、それぞれの人生を見つめ直していく。

[PR]

 テレビ局勤務の夫を持つプチセレブの主人公を演じる栗山は「同じドルヲタという接点で交流を深めていくキャラクターがそれぞれ個性豊かで、やり取りが面白い! 女性同士のバトルや暴露トークがクスッと笑わせくれる脚本です」と作品について紹介。

 タレント塾講師の夫と小学生の娘を持つ「普通」が一番の専業主婦というキャラクターを担当する安達は「今回『婚外恋愛に似たもの』に参加させていただけることを感謝しております。キャストの方々は色とりどりで、原作にピッタリです。とても楽しい作品になると思います」と視聴者にメッセージを送っている。

 江口は元ヤンでバツイチ、反抗期の息子を抱えながらパートで生計をやりくりするシングルマザー、平井は誰もがうらやむ美貌を持つスーパーエリート、富山は幼いころからデブでブスで底辺の人生を歩んできた落ち目のBL作家として登場する。メガホンを取ったのは映画『四月は君の嘘』『ひるなかの流星』などの新城毅彦。脚本は「民王」「SPEC(スペック) ~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿」シリーズなどの西荻弓絵。(編集部・海江田宗)

dtvオリジナルドラマ「婚外恋愛に似たもの」は6月22日より配信(全8話)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]