『炎神戦隊ゴーオンジャー』Vシネ、予告編!戦隊活動禁止の10年後が舞台

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
オリジナルキャストが再集結!躍動感あふれるビジュアル - (C) 2018 東映ビデオ・東映

 Vシネマ『炎神戦隊ゴーオンジャー 10 YEARS GRANDPRIX』の予告編が公開された。テレビドラマ版の10年後を描く本作では、戦隊活動を禁止された平和な社会が舞台となり、ゴーオンジャーたちが悪のテロリストとして世間から恐れられる存在になるなど、波乱の展開が待ち受けている。

ゴーオンジャー、10年後の再集結!「炎神戦隊ゴーオンジャー 10 YEARS GRANDPRIX」予告編【動画】

 特撮ドラマ「炎神戦隊ゴーオンジャー」のメインキャストが再集結する本作は、悪の組織ガイアークとの激闘を制してから10年後、平安が訪れたヒューマンワールドが舞台となる。公開された予告編では、10年前と変わらぬゴーオンジャーのエネルギッシュなアクションを見ることができる一方で、社会システムの変化によって彼らに危機が訪れるという驚きの展開が繰り広げられている。

[PR]

 今回、予告編と共に詳細なあらすじが発表。ヒューマンワールドでは、エコで便利な社会を築くことを目指す防衛大臣・野泉進一郎(神保悟志)が、他の世界からの侵略を遮断する鎖国バリアや、財布&携帯&身分証を兼ねるチップを国民に無料配布するなどの政策を行っていた。そのため、ゴーオンジャーはバリアによって炎神たちと離れ離れになり力を失い、さらに戦隊活動を禁止する法律が可決されたことで、悪のテロリストとして世間から恐れられる存在に。

 そんななか、彼らは特別警察に追われる謎の少年(高橋來)と出会い、彼を助け出して国家を敵に回しての逃走劇を繰り広げる。そして彼らの前に、戦士の一人で政府の一味となった早輝/ゴーオンイエロー(逢沢りな)が立ちふさがり、ゴーオンジャーたちは驚きを隠せない。何とか特別警察の手を逃れた彼らは、世界を巻き込む大事件に立ち向かっていく。あわせて公開されたメインビジュアルでも、10年前と変わらない躍動感あふれるゴーオンジャーたちと炎神たちが勢ぞろいするなか、早輝だけがゴーオンジャケットを身に着けず、意味深長な表情を浮かべている。

 「炎神戦隊ゴーオンジャー」は、2008年から2009年にかけて放送されたスーパー戦隊シリーズの第32弾。公害をまき散らす蛮機族ガイアークから人間たちの世界・ヒューマンワールドを守るべく、意思を持った乗り物型の機械生命体・炎神と共に戦う7人の若者たちの姿を追う。特撮ドラマの10年後を描く「10 YEARS」シリーズとしては、ハリケンジャー、デカレンジャーに続いて3作目。今回、オリジナルキャストが再集結し、戦士役として古原靖久片岡信和、逢沢、碓井将大海老澤健次徳山秀典杉本有美が出演。監督に渡辺勝也、脚本に會川昇らテレビ版のスタッフが名を連ねる。(編集部・大内啓輔)

Vシネマ『炎神戦隊ゴーオンジャー10 YEARS GRANDPRIX』は7月21日から期間限定上映
上映館は、渋谷TOEI、109シネマズ名古屋、Tジョイ京都、梅田ブルク7の4館

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]