シネマトゥデイ

元フジアナ平井理央、35歳のリアルを語る

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
平井理央

 元フジテレビのアナウンサーの平井理央が、映像配信サービス「dTV」オリジナルドラマ「婚外恋愛に似たもの」で、スーパーエリートの女経営者・隅谷雅を演じている。「35歳の女のリアル」を描く本作、実年齢とほぼ同じという平井にとっての35歳のリアルとは……。

【写真】「婚外恋愛に似たもの」場面写真

 平井が容姿、家柄、財力などすべてを持ち合わせた女性・雅を演じた今作は、小説家・宮木あや子の同名小説をドラマ化した作品。専業主婦、バツイチパート、落ち目のBL作家など、まったく違う立場の5人の女性たちが、35歳という年齢と、アイドルグループ「スノーホワイツ」のファンであるという共通点から友情を育み、それぞれの幸せを見つめ直していく。

[PR]

 自身の役どころについて平井は、「雅はヒエラルキーの頂点を独走している女性。自分と共通するところがほとんどないと思ったので、なぜオファーをしてくださったのだろうとビックリしました」と率直な感想を述べる。オファーを受けて「雅という役に説得力を持たすことができるのか」と思い悩んだというが、「新しいことにチャレンジしたいと思っていたタイミングだったので、参加してみたいという気持ちも自然と沸きました」と葛藤はありつつも、前向きに撮影に挑んだという。

 撮影現場では、栗山千明安達祐実江口のりこ富山えり子ら実力派女優たちと対峙する場面も多く、最初は「口から心臓が出てきそうだった」そうだが、“アイドルオタク”という共通点のもと、栗山らと一緒に盛り上がっていくことで、一体感が生まれたという。そして、自分とはかけ離れていると思っていた雅に対しても「(雅から)トラブルに巻き込まれても、逃げずに勝負していく強さを感じました。わたしも、何か問題があったら逃げずに向き合いたいと思うので、共感できる部分がありました」と明かした。

 連続ドラマのメインキャラクターをどっぷり“演じる”ことを経験した平井は「これまでナレーションなどで感情を伝えるお仕事に携わったことはありましたが、まったく違う種類のお仕事なんだなと思いました」と振り返る。そして「頭の先からつま先まで、すべてに意識を行き届かせて反応するのは、脳をフル回転させている感じでした」と感想を語った。

 そんな平井は「35歳の女のリアル」について聞かれると「子供を出産していま7か月なのですが(取材時)、やはり子育てが一番直面している現実です。大変なことは多いですし、気が抜けるのは子供が寝たあとのほんの少しの時間だけ」としみじみ語る。

 続けて「子供によって『自分ってこんな人間だったんだ』という新たな発見もあります」と話す平井。「もともとズボラで大雑把な性格だと思っていたのですが、子供のちょっとした変化にも神経質になるし、些細なことも気になってしまう。夫からも『こんなに細かくなるとは思わなかった』って言われているんです。意外とビビりなんだなと実感しています」と笑っていた。

 今後の活動について平井は「新しいお仕事のオファーをいただいたら、しっかり自分になにができるかを考えながら携わっていきたい」と前向きに取り組む姿勢を見せる。そして「会社員時代、スポーツの仕事に携わってきたので、これからも色々なジャンルのスポーツを応援できたらと思っています。2年ぐらい前にラジオ番組(コミュニティFM渋谷のラジオ「渋谷の体育会」)を立ち上げて、スポーツとパラスポーツの方にインタビューをしているので、これからもライフワークとしてしっかり応援していければと思っています」と語っていた。(取材・文・撮影:磯部正和)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]