シネマトゥデイ

ベネチア映画祭オープニング作品は『ラ・ラ・ランド』監督作!

第75回ベネチア国際映画祭

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『ラ・ラ・ランド』コンビ再び! - デイミアン・チャゼル監督&ライアン・ゴズリング - Michael Kovac / Getty Images for Moet & Chandon

[ミラノ 19日 ロイター] - イタリアで来月開幕する第75回ベネチア国際映画祭で、米宇宙飛行士ニール・アームストロングを描いた『ファースト・マン』がオープニング作品として上映される。映画祭の主催者が19日明らかにした。

映画『ファースト・マン』特報

 同作は、2016年のオープニングを飾った『ラ・ラ・ランド』のデイミアン・チャゼル監督(33)がメガホンを取った作品。同じく『ラ・ラ・ランド』に主演したライアン・ゴズリングがアームストロングを演じる。

[PR]

 『ファースト・マン』はジェイムズ・R・ハンセンによる伝記に基づく映画で、米航空宇宙局(NASA)が月面着陸計画を進める中、1960年から69年までのアームストロングを描いたもの。宇宙船アポロ11号の船長を務めたアームストロングは1969年7月20日、人類初の月面着陸に成功した。

 第75回ベネチア映画祭は8月29日から9月8日まで開催される。

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]