『万引き家族』中国で実写邦画史上No.1に!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
中国でも大ヒット! - (C) 2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.

 映画『万引き家族』(公開中)が、中国で公開された実写邦画作品のなかで、史上No.1の興行成績を記録した。本作は、是枝裕和監督の最新作で、第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門の最高賞となるパルムドールを受賞している。

【動画】映画『万引き家族』本編映像!家族の海水浴シーン

 同作は、3日から中国全土で6,000スクリーンにて公開され、11日(現地時間)までに約13.4億円を稼ぎ出し、邦画実写No.1の成績を収めた。今までの1位の記録は、昨年公開された映画『銀魂』の約13億円だった。

[PR]

 6月に行われた上海映画祭では、是枝監督、松岡茉優城桧吏が登壇。7月には、リリー・フランキー佐々木みゆが訪中し、現地の多くのメディアで取り上げられた。さらに、中国の映画サイトでも、高い評価を得ており、興行成績がどこまで伸びるのか期待が高まっている。

 今作は、アジア圏、ヨーロッパ各国、北米など含め現在合計で185の国と地域への販売が決定している。9月に開催される第66回サンセバスチャン映画祭では、是枝監督が、生涯功労賞にあたるドノスティア賞を受賞、第36回ミュンヘン国際映画祭では、外国語賞にあたるARRI/OSRAM賞を日本映画として初受賞。日本では、約352万人を動員し、興行収入は43億1,200万円を記録するなどヒット中だ。(編集部・梅山富美子)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]