スカーレット・ヨハンソン、2018年最も稼いだ女優に!

凄すぎて想像もつかない稼ぎ - スカーレット・ヨハンソン - Axelle / Bauer-Griffin / FilmMagic / Getty Images

 米Forbes誌が「2018年世界で最も稼いだ女優」ランキングを発表し、スカーレット・ヨハンソンが1位となった。2017年6月から2018年6月までの間に推定4,050万ドル(約44億5,500万円)を稼いだとされており、その多くが『アベンジャーズ』シリーズのブラック・ウィドウ役での報酬だ。(1ドル110円計算)

【写真】スカヨハ、ブラック・ウィドウは単独映画も進行中!

 2位は2,800万ドル(約30億8,000万円)でアンジェリーナ・ジョリー。この収入は主に現在撮影中の映画『マレフィセント』続編への出演料だそう。

[PR]

 3位はジェニファー・アニストンで1,950万ドル(約21億4,500万円)。テレビドラマや映画への目立った出演はないものの、スマートウォーター、エミレーツ航空、アビーノとのコマーシャル契約が大きい。

 4位は『X-MEN』シリーズに出演し、Diorのミューズを務めているジェニファー・ローレンスで1,800万ドル(約19億8,000万円)、5位はテレビドラマ「ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~」で主演とプロデューサーを務めるリース・ウィザースプーンで1,650万ドル(約18億1,500万円)。ミラ・クニスが1,600万ドル(約17億6,000万円)で6位となった。

 7位は1,300万ドル(約14億3,000万円)を稼いだ『プリティ・ウーマン』のジュリア・ロバーツ、8位は『オーシャンズ8』のケイト・ブランシェットで1,250万ドル(約13億7,500万円)、9位はメリッサ・マッカーシーで1,200万ドル(約13億2,000万円)となっている。

 初のランク入りを果たしたのは、ワンダーウーマン役で知られ、レブロンとの契約があるガル・ガドット。1,000万ドル(約11億円)で10位となっている。

[PR]

 昨年、2,600万ドル(約28億6,000万円)を稼ぎランキング1位だった『ラ・ラ・ランド』のエマ・ストーンは今年のトップ10に入っておらず、他にもエイミー・アダムスエマ・ワトソンシャーリーズ・セロンがランキングから漏れた。トップ10は以下の通り。(BANG Media International)

1. スカーレット・ヨハンソン 4,050万ドル(約44億5,500万円)
2. アンジェリーナ・ジョリー 2,800万ドル(約30億8,000万円)
3. ジェニファー・アニストン 1,950万ドル(約21億4,500万円)
4. ジェニファー・ローレンス 1,800万ドル(約19億8,000万円)
5. リース・ウィザースプーン 1,650万ドル(約18億1,500万円)
6. ミラ・クニス 1,600万ドル(約17億6,000万円)
7. ジュリア・ロバーツ 1,300万ドル(約14億3,000万円)
8. ケイト・ブランシェット 1,250万ドル(約13億7,500万円)
9. メリッサ・マッカーシー 1,200万ドル(約13億2,000万円)
10. ガル・ガドット 1,000万ドル(約11億円)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]