新垣結衣、松田龍平に「お世辞下手ですか?」とツッコミ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
新ドラマ「獣になれない私たち」でヒロインを演じる新垣結衣

 新垣結衣松田龍平が7日、都内で行われた10月10日スタートの連続ドラマ「獣になれない私たち」(日本テレビ系、毎週水曜午後10時~)トークイベント&第1話完成披露試写会に出席。二人は映画『恋するマドリ』以来、約11年ぶりの共演となるが、新垣は撮影中、松田が「フフフ」と笑みを見せることに不安を抱いていたと言い、松田がその理由を明らかにした。

【写真】完成披露の様子

 久々の共演の感想を聞かれた新垣は「今日も撮影をしていたのですが、松田さんはわたしの顔を見てフフフと笑うんです。(苦笑いと思い)やりにくいのかなと不安になります」と胸の内を松田にぶつけると、松田は「とんでもないです。新垣さんが素敵なのでつい顔がにやけてしまうんです。それだけです」と回答。松田の、のらりくらりとした発言に、新垣は「お世辞下手ですか?」と突っ込みつつも、松田から真顔で「本当なんです……」と訴えられると、「それなら良かった」とホッとした表情を見せていた。

[PR]

 新垣演じる深海晶(しんかい・あきら)は、常に笑顔で仕事は完璧、誰からも愛される女性だが、その実は、みんなに気を使い我慢し続ける“すり減らし女子”。こうしたキャラクターに「気持ちは分かります」と語った新垣は「個性的なキャラクターがたくさん出てきますが、それぞれ対峙するとき、別々の顔を見せられたら」と意気込む。

 一方の松田は、世渡り上手で人当たりが良く、女性にモテる敏腕会計士・根元恒星(ねもと・こうせい)を演じるが、第1話で菊地凛子演じるブランドデザイナーの橘呉羽(たちばな・くれは)から掛けられる一言に「ショックを受けて口がパサパサになった」と明かしながら、恒星なりの棘を鋭く表現していきたいと意欲を見せていた。

 その後、ドラマのテーマである「大人のラブ(かもしれない)ストーリー」にちなみ「生まれて初めてラブかもしれないと思った瞬間」を問われた新垣は、幼稚園時代、最も背の高かった男子にバレンタインのチョコをプレゼントしたエピソードを披露。一方、松田からは、小学生のときに好きな女の子に気持ちを伝えられず、スカートめくりをし続けたという衝撃的な思い出話も飛び出した。

 本作は「本能のまま『野生の獣』のように自由に生きられたらラクなのに……」という思いのもと、「逃げるは恥だが役に立つ」「アンナチュラル」などの野木亜紀子が脚本を務めた、時におかしく時に切ないストーリー。新垣は「このドラマに登場する人はみな完璧じゃない。でもそんな人たちが出会い、どういう風に変化していくか……もがきながら前に進む姿を楽しんでほしい」と見どころを語っていた。(磯部正和)

「獣になれない私たち」は10月10日、日本テレビ系で放送スタート(毎週水曜午後10時~・初回10分拡大)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]