Netflixのフィギュアスケートドラマ、主役が降板 代わりに『メイズ・ランナー』女優

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
カヤ・スコデラーリオ - Tim P. Whitby / Getty Images

 Netflixがフィギュアスケートの世界を描くドラマ「スピニング・アウト(原題) / Spinning Out」で、主役のスケーターを演じるはずだったエマ・ロバーツがスケジュールの都合で降板し、代わりに映画『メイズ・ランナー』のテレサ役で知られるカヤ・スコデラーリオがキャスティングされた。The Wrap などが報じた。

降板したエマ・ロバーツ【写真】

 カヤが演じるのは将来有望な女子シングルのスケーター、キャット・ベイカー。ハイレベルな技能を持っている彼女は、ひどい転倒で競技人生を終えそうになるが、ペアスケーターとしてスケートを続けられるチャンスを手に入れる。しかし、これにより、今後の人生を揺るがすほどの秘密が明るみに出るリスクが生じてしまうそう。氷の上でもプライベートでも、キャットとちょいワルの新パートナーはさまざまな困難に直面。オリンピックへの道のりで、心身ともに傷つくほか、金銭面での犠牲、精神破綻の可能性と多くが待ち受けている。

[PR]

 キャットのパートナーとなるジャスティン役は、「ARROW/アロー」でアナスタス巡査を演じているエヴァン・ロデリック。また、キャットの妹で同じくスケート選手のセリーナ役には、『ハンガー・ゲーム』シリーズでプリムローズ・エヴァディーンを演じたウィロウ・シールズがキャスティングされている。

 注目は、フィギュアスケートの元オリンピック選手、ジョニー・ウィアーの出演だ。彼は一見、おおらかでおもしろい、気楽な選手ゲイブ役で登場するが、実は激しい競争心を持ったスケート選手で、どんな手段を使ってでもキャットとジャスティンに勝とうとするらしい。第1シーズンは10エピソードになることが発表されている。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]