ワインスタイン被告からの告訴棄却要求を拒否、米NY最高裁

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
12月20日、米ニューヨーク州最高裁判所は、ハリウッド映画界の元大物プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタイン被告(66、写真)による女性3人への性的暴行容疑について、告訴棄却を求める同被告の訴えを拒否した。 - (2018年 ロイター/Alec Tabak)

[ニューヨーク 20日 ロイター] - 米ニューヨーク州最高裁判所は20日、ハリウッド映画界の元大物プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタイン被告(66)による女性3人への性的暴行容疑について、告訴棄却を求める同被告の訴えを拒否した。

【写真】ワインスタインに離婚を突き付けたジョージナ・チャップマン

 被告は訴訟に絡み、警察や検察に不正があったと主張していた。これに対し、同裁のジェームズ・バーク判事は「訴訟における検察や法執行機関による違法行為を訴える被告の主張には根拠がない」との判断を示した。

[PR]

 被告の弁護を務めるベンジャミン・ブラフマン氏は決定に失望したと述べたが、裁判では被告が勝訴するとの自信を示した。

 裁判前審問は来年3月7日に予定されている。

 ワインスタイン被告については、70人を超える女性が被害を訴え、セクハラ撲滅運動「#MeToo(私も)」のきっかけとなった。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]