ゴールデン・グローブ賞『ボヘミアン・ラプソディ』が作品賞&男優賞の2冠!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
男優賞(ドラマ)を受賞した『ボヘミアン・ラプソディ』のラミ・マレック - Paul Drinkwater / NBCUniversal via Getty Images

 現地時間6日、第76回ゴールデン・グローブ賞授賞式が米ロサンゼルスのビバリーヒルトン・ホテルで行われ、クイーンのボーカルであるフレディ・マーキュリーの半生を描いた映画『ボヘミアン・ラプソディ』が作品賞(ドラマ)に輝き、主演のラミ・マレックが男優賞(ドラマ)を受賞した。

【画像】フレディそっくり!劇中のラミ・マレック

 授賞式にはクイーンのメンバーで、本作の音楽総指揮を務めたブライアン・メイロジャー・テイラーも出席。受賞が信じられない様子のラミは舞台に上がると、声を震わせながらチームに感謝し、「フレディ・マーキュリー、美しい人。この賞はゴージャスな君のお陰だよ」と天国のフレディに呼び掛けた。

[PR]

 最多3部門で受賞を果たしたのは、『メリーに首ったけ』で知られるピーター・ファレリー監督の新作『グリーンブック』。作品賞(コメディー/ミュージカル)、助演男優賞(マハーシャラ・アリ)、脚本賞に輝いた。差別が残る時代のアメリカ南部でコンサートツアーを計画した黒人ジャズピアニストと、彼に雇われた粗野で無教養のイタリア系用心棒兼運転手の実話を基にしたバディムービーで、アカデミー賞の前哨戦とされるトロント国際映画祭(第43回)でも観客賞を受賞していた。

 日本勢では外国語映画賞に『万引き家族』、アニメーション作品賞に『未来のミライ』がノミネートされていたが、惜しくも受賞は逃した。外国語映画賞はメキシコ映画『ROMA/ローマ』、アニメーション作品賞は『スパイダーマン:スパイダーバース』が受賞した。(編集部・市川遥)

第76回ゴールデン・グローブ賞映画部門の受賞結果は以下の通り。
■作品賞(ドラマ)
『ボヘミアン・ラプソディ』

■作品賞(コメディー/ミュージカル)
『グリーンブック』

■男優賞(ドラマ)
ラミ・マレック 『ボヘミアン・ラプソディ』

■男優賞(コメディー/ミュージカル)
クリスチャン・ベイル 『バイス

[PR]

■助演男優賞
マハーシャラ・アリ 『グリーンブック』

■女優賞(ドラマ)
グレン・クローズ 『天才作家の妻 -40年目の真実-

■女優賞(コメディー/ミュージカル)
オリヴィア・コールマン 『女王陛下のお気に入り

■助演女優賞
レジーナ・キング 『ビール・ストリートの恋人たち

■監督賞
アルフォンソ・キュアロン 『ROMA/ローマ』

■脚本賞
ニック・ヴァレロンガ&ピーター・ファレリー&ブライアン・クリー 『グリーンブック』

■音楽賞
ジャスティン・ハーウィッツ 『ファースト・マン

■歌曲賞
「シャロウ ~『アリー/スター誕生』愛のうた」 『アリー/スター誕生』

■外国語映画賞
『ROMA/ローマ』(メキシコ)

■アニメーション作品賞
『スパイダーマン:スパイダーバース』

※日本語のリストを転載する際は編集部までご連絡ください

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]