EXILE・AKIRA、映画で歌声披露 ATSUSHIから「泣けました」の太鼓判

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『この道』で稀代の音楽家・山田耕筰にふんしたAKIRA

 EXILEAKIRAが、10日に都内で開催された映画『この道』(1月11日公開)公開直前トークイベントに出席した。本作で音楽家・山田耕筰にふんしたAKIRAは、劇中で披露している歌声について、同グループのボーカルであるATSUSHIの反応を聞かれると「おかげさまで、『泣けました』という判子をいただきました」と笑顔を見せた。イベントには同作の音楽を手掛けた作曲家の和田薫も登壇した。

【写真】トークイベントの模様

 自由奔放な詩人・北原白秋(大森南朋)と、西洋音楽の普及に貢献した音楽家・山田耕筰(AKIRA)が織りなす友情を描く本作。大森と共にダブル主演を務め、ピアノやバイオリンの演奏、指揮に挑戦しているAKIRAは、劇中で歌を披露していることにも言及。「(EXILEでは)絶大なるボーカルがいますので、全く歌はノータッチだったんですけども、今回封印を解きました」と照れ笑いを見せ、和田は「素晴らしい歌声です」とべた褒めした。

[PR]

 AKIRAはバイオリンや指揮の練習について「撮影期間中、またその準備期間中、自分のグループの活動と並行してやっていました」と述懐。「バイオリンを担ぎながらライブ会場に入ったのは初めてですよね。常に放さず。ライブが終わった後にも、メンバーに隠れてこっそり練習したりとか(笑)。指揮棒とバイオリンだけは、1か月弱くらいは放さず持ってやらせてもらった」と役作りに励んだ日々を振り返った。

『この道』の音楽を手掛けた和田薫とAKIRA

 本作では、北原と山田が手掛けた童謡「この道」を、EXILEのATSUSHIが主題歌として担当している。自身が出演する映画の主題歌をATSUSHIが手掛けることを夢見ていたというAKIRAは「ATSUSHIくんに歌っていただいて、より映画が引き立ったかと思います」と感謝。また、自身の歌声に対するATSUSHIの反応を問われると「おかげさまで、『泣けました』という判子をいただきました」と安心した様子。

 当日は、昨年11月に実施された本作の完成披露試写会で、AKIRA指揮のもと「この道」を合唱した宝仙学園高等学校の生徒たちから贈られた色紙と写真が、AKIRAに手渡される一幕も。AKIRAは「(自分が出演した)教師もののドラマを思い出しますね」と嬉しそうに話していた。(岸豊)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]