グウィネス・パルトローがスキー場で「当て逃げ」、米ユタ州の男性が提訴

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
1月30日、米ユタ州の男性が29日、女優グウィネス・パルトロー(写真)を相手取り、2016年にスキー場で衝突され、肋骨4本を折られて無意識の状態のまま放置されたとして、310万ドル(約3億3,750万円)の損害賠償を求める訴訟を起こした。写真は2018年4月、ロサンゼルスで撮影 - (2019年 ロイター/Mario Anzuoni)

[30日 ロイター] - 米ユタ州の男性が29日、女優グウィネス・パルトローを相手取り、2016年にスキー場で衝突され、肋骨4本を折られて無意識の状態のまま放置されたとして、310万ドル(約3億3,750万円)の損害賠償を求める訴訟を起こした。

【写真】ダウニー・Jrがグウィネスにキス!

 男性は、テリー・サンダーソンさん(72)。パークシティーのスキー場でパルトローが「スキー事故の後逃走した」として、ユタ州の裁判所に提訴した。

[PR]

 30年以上のスキー経験を持つとするサンダーソンさんは、29日の記者会見で、2016年2月26日に初心者用スロープを下りていたところ「ヒステリックな叫び」が聞こえ、肩甲骨の間を強打されたと説明。訴状では、その結果「永久的な外傷性脳損傷」を受けたとしている。

 サンダーソンさんの弁護士は、スキーヤーに衝突で負傷した人がいる場合は停止して助けることを義務付けた条例にパルトローが違反したとしている。

 パルトローの広報担当者は、パルトローが事故に関係があったことを確認したが、訴訟は無用と一蹴した。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]