舘ひろし、新垣結衣とハグ!“パパムス”コンビに沸く

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ハグを交わす舘ひろし&新垣結衣

 俳優の舘ひろしと女優の新垣結衣が6日、都内で行われた第61回ブルーリボン賞授賞式に登壇。ある事故によって人格が入れ替わった父と娘によるハートフルコメディドラマ「パパとムスメの7日間」(2007・TBS系)で、父娘役で共演した二人の仲睦まじいやりとりに会場が沸いた。

【写真】“パパムス”コンビの様子

 同アワードは、東京映画記者会(在京スポーツ7紙の映画担当記者で構成)主催で行われるもの。司会者を、前年の主演男優賞・主演女優賞を受賞したコンビが務めるのが恒例で、今年は阿部サダヲ(『彼女がその名を知らない鳥たち』)、新垣結衣(『ミックス。』)が担当した。

[PR]

 『終わった人』でモントリオール世界映画祭の最優秀男優賞を受賞し、同アワードでも主演男優賞に輝いた舘は、「運が良かったんだろうと思っています。芝居には自信がないので、こんな素晴らしい賞をいただいていいのかと今でも思っています」と恐縮しきり。「歳のわりにまともなあいさつができませんけど、本当にうれしいです」と喜びを語った。

「パパムス」の思い出話で盛り上がる舘&新垣

 その舘に向かって、「パパ。おめでとうございます」と歩み寄る新垣。会場は一瞬にして「パパムス」モードになり、舘が「入れ替わってみましょうか?」とジョークを飛ばすと、阿部も自身のバンド・グループ魂で、ドラマを基にした、おじさんと女子高生が入れ替わる「High School」という楽曲を歌うほどファンだったことを明かした。するとそこから思い出話に花が咲き、舘は「あのお仕事をいただいた時に本当に考えたんですよ。(自分のイメージと)全然違うじゃないですか。でも、その頃は(世間では)『お父さんは嫌。臭い』と言われていたから、(ネガティブイメージを払しょくする)そういう意味でやった方がいいと思った」と回顧。

[PR]

 しかし、実際に演じてみると「気持ちいい」と感じたそうで、新垣も「ノリノリ(だった)」と同調。一方で、舘は「僕(演じる小梅が)がどんどんイケイケに、可愛くなっちゃったから、結衣としては『わたし(小梅)はもう少し格好いい』と、自分のイメージと違うって感じていたと思うんですよ。だからその辺で迷惑をかけた気がします」と思いやるが、新垣は「いえいえ全然」と否定していた。

 この機会を逃すまいと阿部が噂の真相を直撃する場面も。舘といえば、自宅から撮影現場までバスローブ姿で移動すると言われており、その真偽を尋ねると、新垣は「バスローブですよ」と回答。舘も「どうせ着替えるから」と説明した。そこに新垣は「トースターを持参されてますよね」と新情報も追加。舘は「くだらないこと言うなよ~」と“ムスメ”を制するも、新垣は「朝、『結衣、食べるか?』ってパンをいただいていました」とぶっちゃけていた。

 そんな二人は相思相愛。新垣が「また共演したいです」と呟くと、舘は「やろう、やろう」とノリノリ。新垣が、「裏でお会いした時もハグしていただいた」と話すと、舘は再度ハグ。二人のすてきな関係に会場には拍手が響いた。(取材・錦怜那)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]