沢尻エリカ「白い巨塔」で岡田准一の愛人役!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
「白い巨塔」主人公・財前五郎の愛人役! - (C) テレビ朝日

 岡田准一主演のスペシャルドラマ「白い巨塔」(テレビ朝日開局60周年記念、今年5夜連続放送)に、女優の沢尻エリカが出演することが明らかになった。沢尻は岡田ふんする主人公・財前五郎の愛人・花森ケイ子を演じる。

「白い巨塔」のキャストたち【写真】

 「白い巨塔」は大阪の大学病院を舞台に、医療ドラマの枠を超えて人間の本性に迫った山崎豊子の傑作長編小説。今回のドラマ化では物語の設定を2019年に置きかえ、現代医療ならではの重厚な人間ドラマを描く。

[PR]

 沢尻演じるケイ子はバー「ラディゲ」のホステスで、浪速大学医学部第一外科・准教授の財前(岡田)の愛人。財前が心を許せる唯一の存在で、大きな包容力で財前を支える。かつて医師を志していたケイ子は、その豊富な知識と美貌、ホステスとして得た幅広い人脈を駆使し、教授選を戦う財前を陰ながらバックアップするという役どころだ。

沢尻ふんする花森ケイ子 - (C) テレビ朝日

 そんなケイ子について沢尻は「世の中的には批判される立場にあるかもしれないですが、ある意味、自分に正直に生きている人だと思います」と分析。岡田については「思っていたよりもとてもチャーミングで面白い方なんだなと再発見しました。シリアスな方なのかな、という印象があったんですけど、ギャグを話されることもあり、『そういうことも言われるんだ!』という驚きも多いです(笑)」と雰囲気の良い撮影現場の様子と共に明かしている。

 岡田と沢尻のほかには、財前の同期でライバル医師の里見脩二役で松山ケンイチ、財前の師で浪速大学医学部第一外科・教授の東貞蔵役で寺尾聰が出演する。脚本はドラマ「昭和元禄落語心中」「黒革の手帖」「マッサン」や映画『パッチギ!』『フラガール』の羽原大介らが手掛け、監督は映画『のみとり侍』『後妻業の女』などの鶴橋康夫らが務める。(編集部・小松芙未)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]