ジャスティン・ビーバー、うつ病の治療中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ジャスティン・ビーバー&妻のヘイリー・ボールドウィン - Neil Mockford / GC Images / Getty Images

 歌手のジャスティン・ビーバー(24)が、うつ病のため治療を受けているとPEOPLE.comが報じた。

【画像】体真っ黒…どんどん増えるジャスティンのタトゥー

 関係者は「ジャスティンは落ち込んで疲れています。精神的にもがき苦しんでいるんです。周囲からの助けを受け、治療も受けています。彼は直によくなると自信を持っています」と展望は明るいとコメント。昨年9月に結婚したモデルのヘイリー・ボールドウィン(22)との関係が上手くいっていないわけではなく、ティーンの頃から脚光を浴びてパパラッチやファンに追い回され続け、取り巻きはイエスマンばかりで、さらには成功を望む両親から多大なプレッシャーを掛けられたことがうつ病の原因だという。ジャスティンの広報は今回の件についてコメントしていない。

[PR]

 精神的な不安定さは仕事にも影響を与えており、2017年には世界ツアーを突如としてキャンセル。昨年は突然泣き崩れる姿がしばしば目撃された。ジャスティンは最近のVogueのインタビューでは、若くして成功したことから精神を病み、ザナックス(抗不安薬)などに依存した過去を赤裸々に明かしていた。

 ヘイリーはそんなジャスティンの支えになっているといい、結婚によってジャスティンの病が快方に向かうことを願いたい。(朝倉健人)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]