ヘイトクライム被害は自作自演だった…米俳優ジャシー・スモレット逮捕

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
2月21日、米俳優ジャシー・スモレット(36)が、ヘイトクライム(憎悪犯罪)の疑いで2人組の男に襲われたと主張していたのは自作自演だったことが発覚し、シカゴ警察に逮捕された。出演料の低さに対する不満があったという。写真は、保釈後のスモレット容疑者。 - (2019年 ロイター/Joshua Lott)

[シカゴ 21日 ロイター] - 米俳優ジャシー・スモレット(36)が、ヘイトクライム(憎悪犯罪)の疑いで2人組の男に襲われたと主張していたのは自作自演だったことが発覚し、シカゴ警察に21日逮捕された。出演料の低さに対する不満があったという。

【写真】2015年に来日したジャシー・スモレット

 人気テレビドラマ「Empire 成功の代償」で知られるスモレット容疑者はアフリカ系米国人で、同性愛者であることを明らかにしている。1月29日、男2人に通りで顔を殴られ、人種・同性愛を差別する言葉で非難され、「正体不明の化学物質」をかけられたと申し立て、警察が捜査を進めていた。

[PR]

 シカゴ警察のジョンソン本部長はこの日の会見で、容疑者が今回の自作自演によりどうやって出演料の引き上げを狙ったのか、詳細については明らかにせず。「痛みと人種差別に対する怒りとで、自分のキャリアを先へ進めようとしていた」と述べ、容疑者が2人の「襲撃者役」に3,500ドル(約38万7,000円)を支払っていたことも明かした。

 有罪となった場合、スモレット容疑者は最長3年の禁固刑を言い渡される可能性がある。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]