「ビバヒル」ディラン役ルーク・ペリーさんが死去 52歳

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ご冥福をお祈りいたします - ルーク・ペリーさん - Leon Bennett / FilmMagic / Getty Images

[4日 ロイター] - 1990年代にヒットした米青春ドラマ「ビバリーヒルズ高校白書」「ビバリーヒルズ青春白書」でディラン・マッケイを演じたことで知られる米俳優ルーク・ペリーさんが4日、ロサンゼルス地域の病院で死去した。52歳だった。代理人が明らかにした。

【画像】若かりし日の「ビバヒル」キャストたち

 ペリーさんは病院で元妻ミニー・シャープさん、子ども2人、フィアンセのウェンディー・マディソン・バウアーさんなど親族や友人に見守られながら亡くなったという。

[PR]

 代理人は声明で「親族は、世界中からルークに寄せられた沢山の支援や祈りの声に感謝しています」とした上で、死を悼んでいる現在はプライバシーの尊重を求めるとし、現時点ではこれ以上の詳細は発表されないとした。

 芸能サイトTMZ.comは先週、ペリーさんが2月27日に自宅で脳卒中を起こして病院へ搬送されたと報道。同サイトは4日、ペリーさんの意識が回復することはなかったと伝えた。

 ペリーさんは病院に搬送されたのは、「ビバリーヒルズ」の新シリーズ6話分が多くのオリジナルキャストの出演で制作されることが発表されたのと同じ日。FOXテレビは、同シリーズにブランドン役のジェイソン・プリーストリー、ケリー役のジェニー・ガース、ドナ役のトリ・スペリングらが出演することを明らかにしていたが、ペリーさんの名前は含まれていなかった。

 ペリーさんは人口2,300人のオハイオ州フレデリックタウンで育った。高校卒業後にロサンゼルスに移り、俳優を目指しながら建設の仕事やドアノブの工場で働いた。その後、「ビバリーヒルズ」で、バイクに乗り、一匹狼的な存在の高校生のディランを演じ、一躍人気俳優に。ペリーさんの人気は非常に高く、週に4,000通のファンレターを受け取ったり、ファンがあまりに熱狂的だったためシアトルの商業施設では洗濯物入れの中に隠れて外に出たりしたこともあったという。

 2016年からは、テレビシリーズ「リバーデイル」で主人公の父親を演じた。「リバーデイル」のプロデューサーは声明を発表し、「非常に思いやりがあり、完璧なプロフェッショナルだった」としてペリーさんの死を悼んだ。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]