竹内まりや『ダンボ』日本版エンドソングを担当!山下達郎もコーラス参加

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
日本版エンドソングを担当する竹内まりや(左) - (C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved

 シンガーソングライターの竹内まりやが、ディズニーの名作アニメーションを実写化した映画『ダンボ』(3月29日全国公開)の日本版エンドソングを担当することが明らかになった。楽曲には、竹内の夫で歌手の山下達郎もバッキングコーラスとして参加する。

 竹内が担当する楽曲「ベイビー・マイン」は、1941年に公開されたオリジナルアニメーションの劇中歌。大きな耳を持つダンボに対する母親象の愛情を歌詞に乗せたバラードは、第14回アカデミー賞歌曲賞にノミネートされており、様々なアーティストがカバーするなど、名曲として今なお愛されている。

 竹内は今回、歌詞の翻訳監修も担当し、「あなたはそのままでも輝いている、決してひとりじゃない」という本作のメッセージを歌詞に投影した。竹内は「娘が幼い頃大好きだった『ダンボ』のビデオを一緒に観るたびに、『Baby Mine』の歌のシーンでいつも涙したものです」と楽曲に対する思いを語っており、「まさか30年後に、この曲を私が歌う日が来ようとは! 懐かしいあの時代を思い出しながら、心を込めて歌わせていただきました」とコメントを寄せている。

 鬼才ティム・バートン監督がメガホンを取った本作は、ダンボが金儲け主義の興行師によって引き離された母親象を救うため、元看板スターらと共に奮闘するファンタジー。ダンボに寄り添う元看板スター・ホルトをコリン・ファレルが演じたほか、マイケル・キートンエヴァ・グリーンら実力派俳優が脇を固める。また、日本語吹替キャストとして、俳優の西島秀俊の参加も決定している。(編集部・倉本拓弥)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]