コリン・ファレル、西島秀俊も驚きのテンション 14年ぶり来日に歓喜!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
西島秀俊と14年ぶりに来日したコリン・ファレル

 来日中のコリン・ファレルが14日、都内で行われた映画『ダンボ』ジャパンプレミアに、ティム・バートン監督、日本吹替声優の西島秀俊と共に出席した。14年ぶりの来日となったファレルは、劇中のダンボの鳴き真似をするなどハイテンションのパフォーマンスでファンを魅了し、レッドカーペットでのファンサービスに笑顔で応じた。

【写真】コリン・ファレル&ティム・バートン監督『ダンボ』引っさげ来日!

 ディズニーの名作アニメーションを、バートン監督がオリジナル脚本で実写化した本作。大きすぎる耳を持つ子象ダンボが、世話係のホルト(コリン)やサーカス団の仲間と共に、金儲けを企む興行師によって引き離された母親象の救出に挑むさまが描かれる。

[PR]

 日本語版でホルトの声優を務めた西島は「裏でものすごく2人ともテンションが高くてびっくりしました。本当に日本のことが大好きで、来るのを楽しみにしていたんだなということが伝わりました」とコリン&バートン監督の様子を告白。壇上ではコリンと意気投合したのか、熱心に話し込む一幕も見られた。

 バートン監督作品に初参加となったファレルは、壇上で終始おどける監督を眺めつつ、「こんな方と6か月一緒。疲れちゃいますよね」とジョークを交えてコメント。以前からバートン監督のファンだったといい「美しい体験でした。役者になってからの時間と同じくらい、わたしはバートン監督のファンとして長くすごしていたんですから」と初タッグの喜びを口にした。

 約2年ぶりに来日したバートン監督は、「コリンと今回仕事をできましたし、ほかにもマイケル・キートンやみんなと仕事をして、奇妙な家族のような体験ができました」と撮影を振り返る。本作を通して、観客に純粋な感情を届けたかったという監督は「“空飛ぶ象”というところに強くインスピレーションを感じました。素晴らしいアーティスト、俳優たちの姿を通してみなさんにも純粋な喜びを感じてもらえれば」とファンに呼びかけた。

[PR]
壇上で意気投合した西島秀俊(左)とコリン・ファレル

 一方の西島は、アフレコの際にファレルの息遣いに合わせてセリフを入れるなどの指示があったことを明かし、「ものすごく厳密に(現場監督から)指示を受けながらの吹替でした。ファレルさんがどれだけこの役を繊細に演じていらっしゃったか体験できた気がしました」と収録当時を回顧。西島の発言に、ファレルは照れくさそうに「アリガトウ」と日本語で感謝の気持ちを述べていた。(取材・文:名鹿祥史)

映画『ダンボ』は3月29日より公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]