米津玄師、菅田将暉コラボ「灰色と青」MVで6作目の1億再生突破

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
YouTubeで1億再生を突破した「灰色と青(+菅田将暉)」

 9日、人気アーティスト・米津玄師の楽曲「灰色と青(+菅田将暉)」のミュージックビデオ(以下、MV)が、YouTubeにおける再生回数1億回を突破した。これにより、1億再生を突破した米津のMVは、合計で6作品となった。

「灰色と青(+菅田将暉)」ミュージックビデオ

 米津は楽曲だけでなくMVも絶大な支持を得ており、ハンドルネーム・ハチ名義の映像を合わせた33作品の合計再生数は、18億回以上の再生回数を誇るとのこと(宣伝発表)。YouTube公式チャンネルも、登録者数338万人を突破する人気チャンネルとなっている。

[PR]

 1億再生を突破しているのは、「Lemon」「ピースサイン」「LOSER」「アイネクライネ」「打上花火」(DAOKO×米津玄師)そして「灰色と青」の6作品。なかでも、昨年末の第69回NHK紅白歌合戦でも披露されたシングル「Lemon」MVの再生回数は、現時点で3億2,000万回を超えており、これは日本初の記録になるという。

 「灰色と青」は、俳優の菅田将暉をゲストボーカルに迎えた楽曲で、2017年に発売されたアルバム「BOOTLEG」に収録。「幼少時代を共にした友人同士が大人になり、すれ違う日々の中で離れていても奇跡的に重なる瞬間」を描いており、MVは映像作家の山田健人が監督。菅田も出演している。また「Lemon」の映像盤には、菅田との武道館でのライブ映像がMVと共に収録されている。(西村重人)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]