どんどん痩せて…「3年A組」菅田将暉の役づくりが凄すぎる!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
圧巻の熱演も話題になった菅田将暉 - (写真は2017年撮影)

 10日に最終回を迎えた日本テレビ系人気ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」。主演の菅田将暉は役づくりで食事制限をしていたため、放送回を重ねるごとに頬などがこけていった。そんな菅田の姿は「ほんとにすごい」「役者魂に圧倒される」と反響を呼んでいる。

頬や首がげっそり…菅田将暉【写真】

 最終回を前に出演したテレビ番組で、きちんと測ってはいないが「10キロ弱ぐらい」体重が減ったことを明かしていた菅田。11日深夜に放送されたラジオ番組「菅田将暉のオールナイトニッポン」でも「3年A組」の話題に触れ、最終回のオンエア日にドラマの打ち上げが行われ、みんなで最終話を見たことや、生徒役の子たちから色紙をもらい号泣したことなど、貴重なエピソードが語られた。

[PR]

 そんな中、病に侵されている役柄上、ずっと食事制限をしていたと言う菅田。ドラマが終わって何がしたいかを考えたときに「濃いものをガッツリと、たらふく食いたい」と思い、ラーメン二郎へ行ったことを明かした。撮影中におなかがすいたときは二郎系の動画などを見て、食べることを一つのモチベーションとして食事制限を乗り切ったという。

 どんどん痩せていく菅田には放送中からTwitterなどで「痩せた?」「役づくり?」などと視線が集まっていたが、放送終了後に改めて「役者魂すごすぎ」「迫力がすごい」「命懸け」「ストイック」と視聴者を驚かせている。

 同ドラマは美術教師の柊一颯(菅田)が高校卒業を目前に控えた3年A組の生徒たちを人質にして、自ら命を絶ったある生徒の死の真相について“最後の授業”を行う学園ミステリー。菅田にとって、ゴールデン・プライム帯(午後7時~午後11時)の民放連続ドラマ初単独主演作で、最終回は自己最高視聴率となる15.4%を記録(関東地区・ビデオリサーチ調べ)し、有終の美を飾った。

 菅田はクランクアップ後、「この作品が遺作となっても、なんの悔いもありません、そのくらいの気持ちです。今持っているもの全てを出しきりました。そして全てを受け取ってもらいました。本当にハッピーです」とコメントしていた。(清水一)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]