ミック・ジャガー、心臓手術後快方へ 支援に謝意

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
4月5日、英バンド「ローリング・ストーンズ」のボーカル、ミック・ジャガーさん(75)は5日、心臓手術後の経過について「快方へ向かっている」と述べた。2018年6月26日、フランスのマルセイユで撮影 - (2019年 ロイター/Jean-Paul Pelissier)

[5日 ロイター] - 英バンド「ローリング・ストーンズ」のボーカル、ミック・ジャガーさん(75)は5日、心臓手術後の経過について「快方へ向かっている」と述べた。

【写真】ザ・ローリング・ストーンズ

 複数メディアによると、ジャガーさんは前週、米ニューヨークで心臓の弁を取り換える手術を受けた。これに伴い、バンドは北米ツアーを延期した。

[PR]

 ジャガーさんや代理人は、手術がうまくいったことを示唆。ジャガーさんはツイッターで「支援のメッセージをくれたすべての人に感謝する。気分はずっと良くなっており、回復へ向かっている。素晴らしい仕事をしてくれた病院関係者のみなさんに深い感謝を送る」と述べた。

 米国における広報担当者は、治療は成功しており、完全に回復できる見込みだと説明した。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]