長澤まさみ『コンフィデンスマンJP』初日&小手伸也のブレイク喜ぶ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
主演映画『コンフィデンスマンJP』の初日を迎えた長澤まさみ

 女優の長澤まさみが17日、都内で行われた映画『コンフィデンスマンJP』の初日舞台あいさつに出席。「映画の宣伝をしている時も、この作品を心待ちにしている人がたくさんいるんだ、この作品にどっぷりつかってくださる人がたくさんいるんだなと実感しました。とても素敵な作品と出会えたなって思います」と感慨深げな表情で語った。

【写真】長澤まさみ、めちゃかわなワンピースで登場

 本作は2018年に放映されたドラマの劇場版。信用詐欺師たちが日本を飛び出し、香港で一世一代の大仕事に挑んでいく。この日は共演者の東出昌大小日向文世小手伸也織田梨沙竹内結子三浦春馬江口洋介、メガホンをとった田中亮監督も登壇した。

[PR]

 長澤は「自分自身もこの作品に関われてとてもいい経験をさせてもらっているなって思います」とコメント。「お客さんに楽しんでいただきたいという一心で取り組んできました。こんな素敵な共演者と共演できて、楽しくて大胆なコンフィデンスマンの世界を作り上げることができた。この作品がたくさんの人に届く映画になればいいなって思っています」と嬉しそうに話した。

豪華なメンバーが集結!

 東出はそんな長澤について「長澤さんが本当に素敵な座長でいてくれた。長澤さんの背中についていこうって思って自分もやっていました」と紹介。また、この作品で俳優としてのブレイクのきっかけをつかんだ小手も「本当に素敵な座長でした。ここまでやってこれたのは長澤さんのおかげ」と同意し、映画の公開に「感無量です」と笑顔を見せた。

 小手は「コンフィデンスマンJP」をきっかけに一気に俳優としての知名度を高めた。「ドラマの放映は去年。僕の生活もこの一年で激変しました」と回顧し、「急激にバラエティーに呼んでもらえるようにもなって。この役柄に出会えたことによって大きな一歩を踏み出せた。引き続きこの作品を通じてシンデレラの階段を上がっていきたい」とにっこり。東宝シンデレラガールというキャリアの持ち主である長澤は「わたしもシンデレラなんだ」と返し、「でも(シンデレラの座を)譲るよ」と続けて会場を笑わせていた。(取材・文:名鹿祥史)

映画『コンフィデンスマンJP』は公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]