佐野勇斗、恩師からのサプライズ手紙に感涙

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
言葉を詰まらせ涙した佐野勇斗

 俳優の佐野勇斗が25日、新宿バルト9で行われた映画『小さな恋のうた』(公開中)の公開記念舞台あいさつに出席。“楽器の先生”からのサプライズ手紙に感激し、思わず涙を流した。

【写真】涙するキャストたち…

 本作は、ロックバンド「MONGOL800」が2001年に発表した曲「小さな恋のうた」をモチーフにしたドラマ。沖縄を舞台に、バンドを組む高校生たちの青春が描かれる。この日は森永悠希山田杏奈眞栄田郷敦鈴木仁トミコクレア橋本光二郎監督も登壇した。

[PR]

 大勢の観客で埋まった場内を見渡した佐野は「ついに公開を迎えました。今か今かと公開を心待ちにしていた『小さな恋のうた』が公開されてうれしく思います。すごくステキな作品になったと、自信を持って言える作品に仕上がりました」と誇らしげな顔を見せた。

 佐野たちは劇中で実際に楽器を演奏し、歌も歌っている。イベントでは、MONGOL800のサポートメンバーでもあり本作の音楽・劇中曲アレンジやキャストの楽器指導を担当した“楽器の先生”こと宮内陽輔から、登壇者には内緒で手紙が送られた。

 手紙には、最初は遠慮がちだったメンバーたちが、練習を重ねるうちに切磋琢磨をし、良きライバル関係になった様子を見て、これはイケると思ったことや、芝居が初めてだった眞栄田や、紅一点の山田、まとめ役だった森永、最初は楽器が苦手だったという鈴木らへのねぎらいの言葉が綴られており、それを聞いた山田と眞栄田の瞳からは大粒の涙が。

 さらに、主演の佐野については「お調子者キャラであることは間違いないんだけど、その何倍もみんなを気遣ってくれる。佐野くんは誰もひとりにさせないというか。そういう優しさが人一倍強くて。すごいお兄ちゃんなんだよね」という呼びかけで始まり、全力でメンバーを引っ張る佐野の姿に感嘆したとせつせつと語られた。

[PR]

 そして「ちゃんと歌えていますかという心配をしていましたけど、あなたが全力で歌っている時は大正解です」と太鼓判。「最後までついてきてくれてありがとう。僕からは超特大の花丸を送りたいと思います。それぞれのキャラクターも、その成長ぶりも愛おしいです。愛しています、とっても!」という言葉で締めくくられた。

 その言葉をかみ締めるように聞いていた佐野も「いやぁ……ヤバいですね」と言うや、耐えきれずに感涙。「陽輔さんは、僕らのお父さんとは違うんですが、すごい大きな存在で。陽輔さんがいるからこそ、すごい……頑張ろうと思えたし」と感極まり、言葉を詰まらせた。そんな出演者たちの熱い思いを受け取った観客からは、大きな拍手が沸き起こっていた。(取材・文:壬生智裕)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]