小松菜奈、空き時間に門脇麦&成田凌とギター演奏「幸せな日々」

門脇麦、小松菜奈、成田凌
門脇麦、小松菜奈、成田凌

 小松菜奈が31日、TOHOシネマズ新宿で行われた映画『さよならくちびる』の初日舞台あいさつに出席し、門脇麦成田凌と一緒にギター演奏を行った日々を振り返った。この日は塩田明彦監督も出席した。

小松菜奈、門脇麦、成田凌がめっちゃ仲良し!【写真】

 本作は、インディーズの人気ギターデュオ“ハルレオ”のレオ(小松)とハル(門脇)、その付き人のシマ(成田)の関係を描く青春音楽ムービー。公開初日を迎えたこの日、大勢の観客を前にした小松は「この話をいただいてから、ギターと歌を日々練習していて。(劇中で披露する楽曲が)3曲もあったので、成立するのかな? 大丈夫かな? と不安な日もありました。でも、3人といる楽しい時間や(撮影で)各地方をまわる幸せな日々がありました」と晴れやかな顔をみせた。

[PR]

 そして門脇も感慨深そうに「3人の時間は本当に居心地がよくて、大好きでした。(この映画は)この3人だから作り出せたと思うし、みなさんに愛していただけたらと思います」とコメント。さらに成田が「こんなにもみんなの思いが詰まった映画を観ていただけることは嬉しいことです」と付け加えた。

 撮影で印象的だったことについて聞かれた小松は、北海道でのライブシーン撮影の空き時間のことを挙げる。「空き時間に3人でなんとなくギターを演奏していて、撮影じゃなく気持ちもリラックスした状態で演奏できたので、感動しました。最初は何もできなかったから、頑張ってきて良かったなと純粋に思いました」としみじみと振り返った。

 塩田監督は「撮影前からオリジナル曲を3曲演奏するようにと、ギターを弾けない人に命じたので、いろんな悲鳴が漏れ聞こえてきました」と笑うも「1曲減らそうかなと思う瞬間もありました。でも、ここで挫けたら映画の出来に関わってくるので、絶対に曲げませんでした」と述懐する。

 さらに塩田監督は「僕は生きるのに不器用だけど、七転八倒して思いを成し遂げようとしている人に共感するんです」と語る。「この3人はことごとく不器用だけれど、その感じがだんだんと愛おしくなってくれればいいなと思ってこの映画を作りました。今回、3人のこれまでとは違うものをなんとか出したいと思い、それも映画の魅力になっているんじゃないかと思います」と笑みを浮かべる。

 最後に門脇は「大事な人を大切にすることって、本当に難しい。日常生活を過ごすことに必死で、ついつい後回しにしてしまう。そういう普段忘れがちな、些細な行き違いを塩田さんの優しいまなざしで描いた映画です。観終わったあとに温かいものが残ればいいなと思います」と観客にメッセージを送った。(取材・文:壬生智裕)

映画『さよならくちびる』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]