『ロケットマン』監督が明かすエルトン・ジョン

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
『ロケットマン』について語るデクスター・フレッチャー監督

 楽曲「Your Song/ユア・ソング(僕の歌は君の歌)」、ディズニーの長編アニメーション映画『ライオン・キング』のサントラを手掛けたことで知られる歌手エルトン・ジョン。5月31日(現地時間)、ニューヨークのソーホー・ソルビー・ストアでデクスター・フレッチャー監督が、エルトンの半生を描いた映画『ロケットマン』について語った。

【動画】『ロケットマン』特報

 少年時代は両親から満足な愛情を注がれずに育ったレジナルト・ドワイト。天才的なピアノの才能を持った彼は、エルトン・ジョン(タロン・エガートン)と名を変え、一挙にスターダムへの道を駆け上がっていく。しかし、両親の問題やゲイとして生きる葛藤を抱える中で、アルコールやドラッグに溺れるようになってしまう。少年時代に誰からも愛されなかった彼の歌は、なぜ時代を超えて愛されるのか。エルトン・ジョンの音楽と人柄を描いた話題作だ。映画『ボヘミアン・ラプソディ』の監督でもあるデクスター・フレッチャーがメガホンを取った。

[PR]

 映画『イーグル・ジャンプ』(日本未公開)でタロンとタッグを組んでいたフレッチャー監督は、本作のプロデューサーのマシュー・ヴォーンからタロンがエルトンを演じるとの連絡を受けて興奮したという。「タロンとはお互い前作で理解し合っていたし、またタッグも組みたいと思っていたから良かった。彼はすぐにエルトンの世界の虜となり、全力で取り組んでくれた。僕は彼が素晴らしい声を持っていたのは知っていたが、彼自身は『自分はバラードを歌うような歌手だ』と語っていたため、僕は彼をよりロック調のボーカルに近づけさせた」と語った。さらにフレッチャー監督は、「エルトンはタロンに『僕の真似はしないでくれ、あなた自身の解釈で僕の曲を歌ってくれ』と語っていた。だから我々は、本作ではエルトンの楽曲を使用し彼の旅路を描いているが、エルトン個人の伝記映画ではない」とし、エルトンの持つ人柄や音楽を通して、普遍的なメッセージを伝えたかったと明かした。

 本作を手掛ける上で、重要な責任があったと語るフレッチャー監督は「僕ら製作側とエルトンの関係は、とても深いものだった。彼の作品を手掛ける上で彼を心底好きになり、彼についての批判的な点についても容赦なく手掛けなければいけないと思った。もし我々がうわべをよく見せたり、利己的な解釈をしたりしたら、エルトンの真実の物語を提供しなかったことになる。だから我々が行ったのは、エルトンがその当時感じたことが何であるのかを捉えることだった。そこにドラマと音楽を合わせて、いかに映画として成立させるかがチャレンジだった」と振り返った。

[PR]

 フレッチャー監督はエルトンを演じたタロンとエルトンの関係性について、2人は映画『キングスマン:ゴールデン・サークル』のセットで親しくなった明かした。あるとき、エルトンがタロンに「これは僕が最初に買ったダイヤモンドだ」といって、ハート型のダイヤモンドをあげたことがあるという。「おそらくとても個人的なアイテムだったと思う。なぜなら、どんなにリッチになろうと、自分が成功した際に最初に買った高いものは覚えているからね。そして、タロンはそのダイヤモンドを、映画内のあるシークエンスでずっとはめていたんだ」と撮影秘話を披露し、そんなエルトンとの個人的な繋がりが役づくりの上で重要な役目を果たしたはずだと語った。 (取材・文・細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]