片寄涼太を救った岩田剛典の一言

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
王子様感がすごい…片寄涼太

 人気アーティスト・GENERATIONS from EXILE TRIBE のボーカルとしてだけでなく、ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」に出演するなど俳優としても活躍が続く片寄涼太。そんな片寄が、映画『きみと、波にのれたら』では声優に初挑戦。同作では、ある火事騒動で消防士の港(片寄)がヒロイン・ひな子(川栄李奈)を救ったことから二人の運命的な恋が動き出すが、片寄自身は過去に事務所の先輩である岩田剛典のある一言に救われたという。

片寄涼太&川栄李奈の超絶キュートな歌声!『きみ波』本編映像

 自身が救われた言葉は「いろいろあります」としばらく考え込んだ片寄が、数多くの思い出のなかから選んだのは、岩田が食事の席で発したある言葉だった。「岩田さんが食事の席で『涼太は涼太でいいんじゃない?』みたいなことを話してて。そういう風に思う人もいるんだな、と思いました」。それまでは、「このままでいいのか」「なんで無理しなきゃいけないんだろう」という違和感を抱えていた片寄。しかし、その一言を聞いた時にそうした違和感はなくなっていったという。

[PR]

 「組織にいるとどうしてもその色であったり、集団に従わなきゃいけない気になるじゃないですか。そうじゃなくて、自分は自分らしさを尊重しつつやっていけばいいんじゃないかっていうような。岩田さん自身もそういう経験をされて僕に言ってくださったと思うんです」

 俳優としての覚悟も、最初の頃とは変化してきた。俳優として現場に入る際には「お芝居の世界の人たちに失礼のないように、誠意を持って臨む」ことを意識してきた片寄だが、最近では自分が芝居をやる意味をより一層考えるようになった。「自分がお芝居の世界で芝居をやることってどうなんだって考えたときに、より覚悟が決まりました。自分がやるってことに意味がないといけないなと思っています」と語る片寄の瞳は力強い。

 俳優として、アーティストとして、そして表現者として、片寄は今後も高みを目指し続ける。「欲を出しすぎる必要はないと思っています。役は縁なので、自分のところに来てくれたのであればその役を大切にして、自分が演じるからにはこうしたいっていうところで戦っていけたらなって。そういう仕事をしていくなかで、自分という表現者がどれだけ深い人間になっていけるか。そういうところを歌にも還元していけたらなって思っています」

[PR]

 『夜は短し歩けよ乙女』『夜明け告げるルーのうた』などで知られる湯浅政明監督の最新作となる本作では、声優という新たなチャレンジを経験した。「声で感情を表現するっていうのはお芝居ともちょっと違って。今回どんな表情をしているかあまり見えない状態でのアフレコでもあったんで、より自分の声で感情を表現して話を彩っていかないといけない。すごく難しかったです」。声に感情をのせ、真っすぐに港を表現した片寄。その存在感は良い意味で映画に溶け込んでいる。「終わった後に、片寄くんがやっているってことを忘れて見入っちゃいましたって言ってくださる方が多かったので、それがうれしかったですね」

 さらに、GENERATIONSとして主題歌「Brand New Story」でも本作に彩りを添えている。この主題歌は港とひな子の大切な曲として劇中何度も登場するが、グループのメンバーと一緒に本作を観た片寄は、「メンバーもやっぱり喜んでましたね。あそこまで素敵な作品に主題歌として参加し、歌もあんなにたくさん流していただいて。みんな満足してました。それが僕もすごくうれしかったです」とメンバーの反応に目を細めていた。(編集部・吉田唯)

映画『きみと、波にのれたら』は6月21日より公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]