吉沢亮が顔面をフル活用している出演作は?トップ10発表

顔面フル活用って! - Jun Sato / WireImage / Getty Images

 「吉沢亮が【顔面をフル活用している】出演作品ランキング」が、ランキングサイト「ランキングー!」にて発表され、大ヒット映画『キングダム』(公開中)が1位に輝いた。

美しすぎる!吉沢亮のエイ政【写真】

 吉沢は『キングダム』で主人公・信(山崎賢人)の幼なじみで親友の漂と、漂とうり二つの若き王・エイ政の二役を熱演。演じ分けについては「上手すぎ」「別人に見えた」とSNS上で話題になった。「顔面をフル活用」という意味では、エイ政がゲキを飛ばすシーンを思い浮かべる人も多いだろう。

[PR]

 2位は、仮面ライダーメテオ/朔田流星を演じた特撮ドラマ「仮面ライダーフォーゼ」。吉沢にとっても「夢がかなった」という思い入れのある作品で、投票者からは「原点にして至高」という意見が多数寄せられた。

 3位は放送中のNHK連続テレビ小説「なつぞら」。劇中の呼ばれ方で視聴者にも愛されている「天陽くん」を、破壊力抜群の美顔で好演。天陽くんが登場すると「目の保養」「カッコ良すぎてやばい」などとSNS上に書き込みが相次ぐなど、爆発的人気を誇っている。

 4位は、沖田総悟を演じた映画『銀魂』。こちらも、超絶カッコいい顔面が脳裏に焼き付くほどのキャラクターで、観客を圧倒した。5位は、さわやかなサラリーマン役で女性視聴者をノックアウトした恋愛ドラマ「サバイバル・ウェディング」だった。

 同ランキングは、映画『ママレード・ボーイ』の製作発表時に吉沢がコメントした中の名フレーズ「ついにこの顔面をフル活用する時が来た」にちなんで、吉沢が輝いていた出演作品について、「ランキングー!」を企画編集する株式会社CMサイトが10~40代の男女を対象に行ったインターネットリサーチ結果を集計したもの(有効回答者数:5,213名、調査日:2019年5月21日)。トップ10は以下の通り。(清水一)

「吉沢亮が【顔面をフル活用している】出演作品ランキング」TOP10

[PR]

1位 『キングダム』(397票)
2位 「仮面ライダーフォーゼ」(372票)
3位 「なつぞら」(364票)
4位 『銀魂』(359票)
5位 「サバイバル・ウェディング」(263票)
6位 『ママレード・ボーイ』(253票)
7位 『カノジョは嘘を愛しすぎてる』(209票)
8位 『斉木楠雄のΨ難』(195票)
9位 『オオカミ少女と黒王子』(184票)
10位 「GIVER 復讐の贈与者」(183票)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]