犬飼貴丈、仮面ライダービルドは青春!「母校のような存在」

映画『GOZEN-純恋の剣-』主演の犬飼貴丈

 特撮ドラマ「仮面ライダービルド」で桐生戦兎/仮面ライダービルド役を務め、人気を博した俳優の犬飼貴丈。その後も「獣になれない私たち」(日本テレビ系)、NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」など、話題のドラマに立て続けに出演し、公開を控える主演映画『GOZEN-純恋の剣-』では初の時代劇に挑戦した。そんな活躍めざましい犬飼が、本作にかけた思い、さらには原点である「仮面ライダービルド」へのあふれる愛を熱く語った。

和装もイケメン!犬飼貴丈【写真】

 本作は、映画と舞台を連動させる「東映ムビ×ステ」第1弾となる時代劇アクション。諜反の疑いがある府月藩の筆頭家老の娘・神谷八重(優希美青)を愛してしまった幕府の隠密・青山凛ノ介(犬飼)の葛藤を軸に、8人の強者たちが殿の前で武芸を競う「御前試合」に命をかける姿を映し出す。八重をめぐる恋敵・寺脇甚八郎役に「仮面ライダービルド」で猿渡一海/仮面ライダーグリスを演じた武田航平がふんし、平成仮面ライダーシリーズを牽引した巨匠・石田秀範がメガホンを取った。

[PR]

「仮面ライダー」チームにある独特の“地元感”

 京都の東映太秦映画村に足を踏み入れた瞬間「身が引き締まる思いがした」という犬飼。「時代劇のセットが見事に組まれていました。その光景を見たときは、ものすごくテンションが上がりましたね。この作品の世界に入り込む手助けをしてくれたというか、改めてセットの大切さを認識しました」と声を弾ませる。犬飼が演じた凛ノ介は、許されぬ愛に苦しみながら、使命を果たそうとするすご腕の隠密。複雑な心情表現とともに、キレのある殺陣も見せ場の一つだ。

 「現代劇の動き方と全く違いますし、刀を使って戦ったこともない。ところが、練習、リハ、本番を入れて2日しか時間がなくて……まるで、ボクシングを習っていない人が、突然『ボクシングで戦え』って言われているような感覚でした」と苦笑い。ただ、「限られた時間の中でベストは尽くせたと思います。スタッフの方々に助けられたところもありますし、敵役が気心の知れた武田さんだったので、手加減せず、思い切り行けたのも大きかった。そして何より、監督が石田さんですから。指示に従っていけば、間違いなく正しい方向に行けるという安心感がありました」と振り返る。

[PR]
映画『GOZEN-純恋の剣-』主演の犬飼貴丈

 石田監督といえば、平成仮面ライダーシリーズで多くの若手俳優を育て上げた巨匠。何か独特の演出法があるのだろうか。「『仮面ライダービルド』は担当されていなかったので、直接演出を受けるのは初めてでしたが、やはり『仮面ライダー』という同じ世界にいた“地元感”と言いますか、通じ合うものはありました。『仮面ライダー』チームは、監督を軸に、スタッフさんやキャスト同士の距離が近いのが特徴なんです。撮影で毎日一緒にいますから、いつの間にか、仕事相手から『仲間』になっていくんですよね」。撮影期間は短かったものの、武田をはじめ、久保田悠来小野塚勇人町井祥真ら仮面ライダー出身俳優を数多く配していることも、居心地のいい現場になった要因かもしれない。

桐生戦兎と呼ばれるのは「ありがたいこと」

 2012年に「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリを受賞後、試練のときを過ごしたこともあったが、2016年の冬に「仮面ライダービルド」のオーディションで主演を勝ち取ってから運命が変わった。民放ドラマ「獣になれない私たち」、朝ドラ「なつぞら」へと続く成功のレール。「今後の大きな目標はまだ言う時期じゃない。今は目の前の役に全力を注ぎたい」と自身を戒める犬飼。そんな彼にとって「仮面ライダービルド」とは、どんな存在なのか。

 「母校みたいなものですね。年齢は23~4歳でしたが、青春のようなキラキラしたものがあった。1年間、みんなで一緒に頑張ってきたキャスト、スタッフさんとは同級生のような関係ですし、監督はみんなをまとめる先生。今思い返せば学校だったのかなと思いますね」

 特にネット上では、今も「仮面ライダービルド」の役名(桐生戦兎)で呼ばれることが多いそうだが、「とてもありがたいこと」と笑顔を見せる。「『仮面ライダービルド』があって、今がある。だから、桐生戦兎と呼ばれることは光栄なことです。もっともっと役者として間口を広げていけば、自ずと『俳優・犬飼貴丈』と呼ばれる日が来ると信じています」。(取材・文:坂田正樹)

映画『GOZEN-純恋の剣-』は7月5日公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]