原田泰造「ただサウナに入るだけ」なのに幸せになる 三宅弘城&磯村勇斗共演「サ道」の魅力

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
左から磯村勇斗、原田泰造、三宅弘城

 原田泰造が8日、東京・フィンランド大使館で行われた、ドラマ25「サ道」(7月19日スタート、毎週金曜深夜0時52分~)フィンランドサウナアンバサダー授与式・番組制作発表に登壇し、待望のアンバサダーに喜びを爆発させた。この日は、共演の三宅弘城磯村勇斗も来場した。

【写真】イベントの様子

 漫画家で、日本でただ一人のサウナ大使であるタナカカツキの漫画「マンガ サ道」に基づく本作。謎の男「蒸しZ」(宅麻伸)との出会いによってサウナの魅力に目覚めた主人公ナカタアツロウ(原田)が、個性的なサウナ仲間(三宅、磯村)と会話を繰り広げつつ、各地の人気施設を訪れるさまが描かれる。

[PR]

 サウナ好きを公言している原田、三宅、磯村は、この日タキシード姿で登場。サウナ発祥の地と言われるフィンランドのサウナアンバサダーに就任し、任命状を授与されると、原田は「やりました! 欲しかったアンバサダーいだたきました!」と大喜び。「サウナに好きで入っていたら、サウナのドラマを撮ることになり、記者発表がこんなことになって不思議な感じです」と素直な思いを打ち明けつつ、「『サ道』を通じてサウナの素晴らしさを体験してください」と呼び掛けた。

 また、原田は原作が「影響力のある漫画」で、タナカカツキが世に出る前後でサウナの歴史が変わったことを力説すると、「それがドラマになると聞いてウォー!となって、(タナカがモデルの)ナカタ役をやれると聞いて、稲妻が落ちてきた感じ。撮影は毎日幸せでした」と回顧。しかし、その喜びは周囲にはなかなか伝わらず、肩を落とす場面もあった。

 三宅と磯村と裸の交流を重ねた原田は、「ネプチューン(の名倉潤、と堀内健)に代わる(二人)。居心地がすごくよくて、二人とも優しい」と大満足。プライベートで、3人で錦糸町のサウナに行って、お酒を飲み、サウナ情報を交換したことも打ち明けると、「2回目やろうねと話しました。大変気持ちがいいです」と頬を緩めていた。

 そんな3人で作り上げた同作。原田は「人を殺すとか、恋愛が始まるとかは一切ありません。ただ、サウナに入るだけのドラマです。でも、観ていて幸せになるドラマです」とアピールしていた。(取材:錦怜那)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]