プレスリー役候補にハリー・スタイルズの名前挙がる

実物とは又違う魅力が。ハリー・スタイルズ - Theo Wargo / Getty Images

 トム・ハンクスが演じるエルヴィス・プレスリーのマネージャー、トム・パーカーを描いたタイトル未定の映画で、ハリー・スタイルズアンセル・エルゴートマイルズ・テラーアーロン・テイラー=ジョンソンオースティン・バトラー等が、主演候補に挙がっている。

 監督はバズ・ラーマンで、トム・ハンクスがエルヴィス・プレスリーの名マネージャーであるトム・パーカーを演じることは、すでに決まっており、ラーマンが肝心のプレスリー役候補数名をオーディションし、7月初旬には決定予定とのことだ。

 バラエティによるとラーマンは『ロミオ&ジュリエット』ムーラン・ルージュ』『華麗なるギャツビー』でもタッグを組んだクレイグ・ピアースと共に脚本も担当する。

[PR]

 マイルズはトム・クルーズ主演の名作『トップ・ガン・マーヴェリック(原題) / Top Gun: Maverick』(2020)に出演予定。アンセルはスピルバーグ版『ウエスト・サイド物語』(2020)に17歳現役女子高生が演じるマリアの相手役である主役トニーに抜擢され現在撮影中だ。

 ワン・ダイレクションのメンバー、ハリー・スタイルズは『リトル・マーメイド(原題) / The Little Mermaid』実写版のエリック王子役にも噂されている。オースティン・バトラーも ジム・ジャームッシュ監督の新作ゾンビ映画『ザ・デッド・ドント・ダイ(原題) / The Dead Don't Die』に出演予定。アーロン・テイラー=ジョンソンもクリストファー・ノーラン監督の新作『テネット(原題) / Tenet』(2020年7月17日全米公開予定)への出演が決定している。

 Deadlineによると、ハンクス演じるパーカーは、オランダ出身でエルヴィスの唯一の代理人。無名時代の彼を見出し、RCAレコード契約から始まり歴史に燦然と輝くスーパービッグなエンターテナーに育て上げた人物。

 音楽伝記作品はいま注目のまと。候補の5人は最近の活躍をみてもわかるようにまさに今輝いてる旬のスターたち。誰が選ばれてもおかしくない。(西野悦子)

※文中に事実誤認がありました。お詫びし訂正します。2019年7月16日

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]