「なつぞら」第16週へ!夕見子の決意になつは驚がく

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
夕見子にどんな思いが…? - 提供:NHK

 放送中のNHK連続テレビ小説「なつぞら」(月~土、総合・午前8時~ほか)が7月15日から16週目を迎える(以下、今後のあらすじに触れています)。

夕見子よ、どうなる…!第16週「なつよ、恋の季節が来た」場面カット【画像】

 4月1日にスタートした「なつぞら」は、戦災孤児のなつ(広瀬すず)が北海道・十勝の大自然のなかで育ち、やがてアニメーション作りの世界に挑んでいく姿を追う物語。7月15日からは第16週「なつよ、恋の季節が来た」に突入する。

[PR]

 なつたちの漫画映画づくりは佳境に入っていた。演出の坂場(中川大志)の度重なる描き直し指示にも負けず、新人アニメーターの神地(染谷将太)の活躍もあり、新しい漫画映画が誕生しようとしていた。

 そんななか、夕見子(福地桃子)が突然、恋人の高山(須藤蓮)と一緒に北海道から上京。周囲の学生たちに影響を受けた夕見子は大学を辞め、東京で高山と新生活を始めるという。そんな夕見子のあまりに身勝手な結婚観に、なつはついていけない。

 亜矢美(山口智子)も説得しようとするが耳を傾けようとせず、なつはついに電話で富士子(松嶋菜々子)に相談してしまう。数日後、夕見子を説得しに十勝からやって来たのは、あの男だった……。

 連続テレビ小説100作目となる「なつぞら」は、朝ドラ「てるてる家族」などの大森寿美男が脚本を手掛けたオリジナル作品。先日、事前告知なしに登場したなつの妹・千遥役の清原果耶など、新たなキャストも大きな注目を浴びている。(編集部・大内啓輔)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]