「ワンス・アポン・ア・タイム」フック船長俳優、ナショジオドラマで宇宙飛行士に

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
コリン・オドナヒュー - Noam Galai / WireImage / Getty Images

 作家トム・ウルフさんのノンフィクション「ザ・ライト・スタッフ-七人の宇宙飛行士」を映像化するナショナル・ジオグラフィックのドラマ「ザ・ライト・スタッフ(原題)/ The Right Stuff」に「ワンス・アポン・ア・タイム」でフック船長を演じたコリン・オドナヒューの出演が決まった。Deadlineが報じた。

【作品写真】マーキュリー計画を陰で支えた黒人女性の映画『ドリーム』

 同ドラマは、マーキュリー計画の最初の7人の宇宙飛行士とその家族を描くもの。「SUITS/スーツ」のパトリック・J・アダムス、「リミットレス」のジェイク・マクドーマン、「MAD MEN マッドメン」のアーロン・ステイトンなどが出演している。

[PR]

 コリンが演じるのは、“マーキュリー・セブン”の中で最も若かった宇宙飛行士ゴードン・クーパー。1983年の映画『ライトスタッフ』ではデニス・クエイドが演じた役だ。当初は、「ゲーム・オブ・スローンズ」のジェンドリー役で知られるジョー・デンプシーが演じることになっていたが、ビザの関係で降板することになり、コリンが代わりにキャスティングされたという。

 「ザ・ライト・スタッフ(原題)」は今月中にフロリダ州ココビーチで撮影を開始し、2020年にナショナル・ジオグラッフィク・チャンネルで放送がスタートする予定。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]