マロと蝶子は?『劇場版おっさんずラブ』気になる脇キャラたち

マロ(金子大地)と蝶子(大塚寧々)
マロ(金子大地)と蝶子(大塚寧々) - (C) 2019「劇場版おっさんずラブ」製作委員会

 “おっさん同士”のピュアな恋愛模様を描き、社会現象を巻き起こした人気ドラマを映画化した『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』が23日より公開された。

【写真】浴衣姿も似合う!『おっさんずラブ』キャストたち

劇場版おっさんずラブ
新キャラが参戦

 本作では“永遠の愛”を誓ったあの日から1年、天空不動産東京第二営業所で働く主人公“はるたん”こと春田創一(田中圭)が上海・香港転勤を経て帰国。ドラマで春田を取り合った後輩の牧凌太(林遣都)、部長の黒澤武蔵(吉田鋼太郎)のほか、沢村一樹志尊淳ふんする新キャラクターが加わって、おっさんたちの愛の頂上決戦“ラブ・バトルロワイアル”を繰り広げる。

[PR]
劇場版おっさんずラブ
ちず(内田理央)と春田(田中圭)

 『おっさんずラブ』といえば、春田を取り巻く個性的な脇キャラたちも魅力の一つ。第二営業所のモンスター新入社員“マロ”(金子大地)と黒澤部長の元妻・蝶子(大塚寧々)の年の差カップルや、イケメン外国人の彼氏をゲットした春田の幼なじみ・ちず(内田理央)はそれからどうなったのか。

劇場版おっさんずラブ
鉄平(児嶋一哉)とまいまい(伊藤修子)

 ちずの兄で居酒屋「わんだほう」の店主・鉄平(児嶋一哉)と春田の同僚“まいまい”(伊藤修子)コンビや、ドラマのラストで恋を予感させていた黒澤部長と武川主任(眞島秀和)に進展はあるのか? 今回の劇場版は彼らのその後も見どころだ。(編集部・中山雄一朗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]