衝撃すぎて自主規制!伊藤健太郎が罵倒に悶える『惡の華』モザイク入り映像

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
やばい… - (C) 押見修造/講談社 (C) 2019 映画『惡の華』製作委員会

 伊藤健太郎玉城ティナが共演する映画『惡の華』より、伊藤演じる主人公が服を脱がされ、罵倒に悶える姿などを捉えた新映像が公開された。衝撃的な内容のため、本編に一部“自主規制”のモザイク処理を施すという趣向が凝らされた特別映像となっている。

こんな伊藤健太郎、見たことない…!『惡の華』特別映像

 累計発行部数300万部を記録する押見修造の人気コミックを原作とする本作は、男子中学生の鬱屈とした青春と行き場のない衝動を描く物語。主人公の春日を伊藤、彼に自分と通ずるものを見出して執拗につきまとう問題児の仲村を玉城が演じる。今回公開されたのは、本編のなかでもとりわけ過激なシーンに、“自主規制”が加えられた仕様のもの。伊藤の身体の一部が隠されており、過激な雰囲気を盛り上げている。

[PR]

 好きな女の子のブルマを盗んだところを仲村に目撃され、主従関係を結ぶことになった春日。映像では、ある命令に逆らって内なる変態性を隠そうとしたため、仲村に図書室内で押し倒されてしまう姿が映し出される。続いて服を脱がされ、仲村の罵倒に悶えながら下着を晒す恥ずかしい姿に。そして、盗んだブルマを履かされるという究極の羞恥とも言える瞬間が切り取られている。

 今回の映像では、伊藤の下着姿やブルマ姿は見ることはできないが、本編では体当たりで臨んだ2人の迫真の演技を含め、その全貌を確認することができる。

 監督を務めたのは、映画『片腕マシンガール』『覚悟はいいかそこの女子。』などの井口昇。脚本をアニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」などを手掛けてきた岡田麿里が務めた。キャストには伊藤と玉城のほか、秋田汐梨飯豊まりえなどが名を連ねる。(編集部・大内啓輔)

映画『惡の華』は9月27日より全国公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]