実写版「カウボーイビバップ」撮影スタート!かわいい共演者のビデオも公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
どうなる実写版? 映画『COWBOY BEBOP 天国の扉』より - Destination Films / Photofest / ゲッティ イメージズ

 「坂道のアポロン」「残響のテロル」などのアニメーション監督・渡辺信一郎の代表作をNetflixがハリウッドで実写化する「カウボーイビバップ」の撮影がスタート。キュートな顔ぶれも加わったキャスト陣の登場する動画が、同社のYouTubeチャンネルで公開された。

【画像】Netflix「カウボーイビバップ」セットビデオ

 「カウボーイビバップ」は、惑星間を短時間で航行できるようになった未来の太陽系を舞台に、賞金のかかった犯罪者を追って宇宙を駆け回る“カウボーイ”と呼ばれる賞金稼ぎたちを追った作品。元マフィアのスパイク、元警察官のジェット、莫大な借金を背負った記憶喪失の女・フェイ、天才ハッカーのエド、人間並みの知能を持った犬のアインら4人と一匹が、惑星間航行船ビバップ号で、奇妙な共同生活を送るさまを描く。

[PR]

 動画は、アイン役(?)を務めるウェルシュ・コーギー犬の視点から、撮影初日を迎えた現場の様子を捉えたもの。アインが向かった部屋には、本作のメインキャストたちが待機中。『search/サーチ』などのジョン・チョー(スパイク役)、ドラマ「Marvel ルーク・ケイジ」のムスタファ・シャキール(ジェット役)、『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のダニエラ・ピネダ(フェイ役)、『サバービコン 仮面を被った街』のアレックス・ハッセル(ビシャス役)らに迎えられたアインを捉えた、キュートなビデオに仕上がっている。

 本作の配信時期は未定だが、全10エピソードになる予定で、渡辺監督もコンサルタントとして作品に携わることになっている。エド役についてもまだ不明だが、4月の時点でVarietyは現在もキャスティング中と報じている。(編集部・入倉功一)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]