森山未來「いだてん」壮大な伏線の回収に驚き

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
第39回「懐かしの満州」より - (C)NHK

 ドラマ「モテキ」をはじめ数々のタッグを組んできた俳優の森山未來大根仁監督が、本日(13日)放送の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(NHK総合・日曜20時~ほか)第39回にコメントを寄せた。森山は本作で「語り」を担当するとともに、“落語の神様”古今亭志ん生(ここんてい・しんしょう/ビートたけし)の若かりし頃・美濃部孝蔵(みのべ・こうぞう)を演じているが、森山いわく第39回はほぼ全編が志ん生・孝蔵のシーン。志ん生のターニングポイントともいうべき本エピソードで、壮大な伏線の回収が行われる脚本の巧さを指摘している。

【写真】森山未來の演じ分けが話題になった第19回

 先週放送の第38回では志ん生(たけし)が脳出血を起こして倒れ、家族や弟子たちは騒然となった。続く第39回「懐かしの満州」では一命をとりとめた志ん生が弟子の五りん(神木隆之介)に、戦争中に満州へ兵士たちの慰問興行に行った時のことを語り出し、三遊亭圓生(さんゆうてい・えんしょう/中村七之助)と共に満州を巡っていた際に、五りんの父・小松勝(仲野太賀)と出会っていたことが明かされていく。

[PR]

 第39回の台本を読んだ森山は、「それまでドラマの中に細く長くというか、飛び道具的にぽんぽん入らせていただいていたのが、いきなりほぼ全編が志ん生・孝蔵のシーンになっていて単純に驚きました。ここまでの話の中でばらまかれていた壮大な伏線の回収がここで行われるというのは、すごいなと思います。よく出来ている本だなと」とその印象をコメント。

 孝蔵といえば、稼いだ金は全て「飲む、打つ、買う」につぎこむという調子で、妻のおりん(夏帆)と所帯をもってからは少しは成長しつつあるようだが、元来、自分に甘く不真面目な性格。しかし、満州で大きな変化を迎えることになる。

 「やぶれかぶれな芸風だと言われている志ん生さんだけれど、満州で自分の人生を決定づける何かが生まれてしまう。それまではふらふらしていて飲む打つ買う……まあそれは今後も続くのかもしれないですけれど、ここで根っこに重たいものがずしっと下りるのかなと。師匠の円喬(※演じたのは松尾スズキ)さんのようなかっちり緻密な芸風に憧れて、でもあまりに人間が危うすぎるからそうはできなかった。勝手な妄想ですけれど、満州で『生きてるだけで丸儲け』というか、『これでいいじゃねぇか』っていう良い意味での開き直りみたいなものが生まれるのかなと思います」

[PR]

 満州では、古典落語・「富久(とみきゅう)」にまつわるエピソードが展開する。第1回で五りんが志ん生を訪れた際、母が遺したハガキを見せるシーンがあったが、そこに記されていたのがこの「富久」の文字だった。森山によれば、孝蔵の変化には「富久」が大きく影響しているようだ。

 「また無茶ぶりですよね(笑)。小松勝の伏線回収が主で、そこに志ん生の『富久』がのっかっている。でもその『富久』で僕は孝蔵として何か大きな到達点を迎えなきゃいけないんですけれど、そこにいたるまでの孝蔵の心境の変化はそこまで描写されていなくて。なんとかせえよ、おまえ、感がすごいです(笑)。(酔った状態で披露した初高座の)第13回の『富久』はやぶれかぶれで良かったですけれど、今回はそういう訳にはいかない。あそこが始まりだから。あそこからの成長というか到達点を、うまく見せられたらいいなと思います」

 なお、第39回の演出を務めた大根監督は、森山と大ヒットドラマ「モテキ」ののち、2012年上演のロック・ミュージカル「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」でもタッグを組んでいるが、「未來にはいつも放置プレイというか、細かい演出をするのが恥ずかしいので、よほどのことがなければ何も言わないのですが、どういう編集になるかの説明はしました。いやまあ最高の、いやそれこそ絶品でしたね」と、あらためて森山の演技を高評価。

[PR]

 これまで菅原小春演じる日本人初の女性オリンピアン・人見絹枝のメイン回である第26回「明日なき暴走」をはじめ、数々のエピソードで手腕を振るってきた大根監督だが、第39回の見どころを以下のように述べている。「志ん生・圓生・勝、すなわち森山未來・中村七之助・仲野太賀の初共演とは思えぬ、俳優としてすべての相性がマッチした演技……いや、僕は途中から演技とは思えませんでした。僕は元々、男同士のいわゆる“バディもの”が大好きなのですが、男女の関係性とは違う、役者同士の間に独特の色気が漂うんですよね。圓生の『居残り佐平次』から志ん生の『富久』そして勝がとったある行動という流れは、元々の宮藤さんの脚本も見事だったのですが、役者・演出・スタッフの『脚本を超える!!』という思いが一つになったシーンだと思います」(編集部・石井百合子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]