「3年A組」がグランプリ!菅田将暉「当たり前の哲学を発信」

東京ドラマアウォード2019で主演男優賞を受賞した菅田将暉
東京ドラマアウォード2019で主演男優賞を受賞した菅田将暉

 俳優の菅田将暉が28日、東京プリンスホテルで行われた「東京ドラマアウォード2019」に出席。主演を務めたドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」(日本テレビ系)が連続ドラマ部門の主演男優賞及びグランプリを獲得し、同作に対する熱い思いを語った。

【写真】授賞式の様子

 菅田が初の教師役に挑んだ本作は、高校教師・柊一颯(ひいらぎ・いぶき/菅田)が卒業間近の生徒たち29人を人質に取り、“最後の授業”と称して一人の生徒の死の真相に迫る10日間の学園ミステリー。司会を務めた石坂から「お芝居って歴史的に違ってくるんですよ。古い作品を観て作品として素晴らしいと思っても、演技の質が違うなと感じるんです。だからあなたを観ていると、また次の世代の演技だなと思います。屈指の演技派ですね」とベタ褒めされ、マイクを向けられた菅田は「それでマイクを向けられると照れますね。でもうれしいです」と笑顔。

[PR]

菅田将暉
左から黒木華(助演女優賞)、清原果耶(主演女優賞)、菅田将暉(主演男優賞)、横浜流星(助演男優賞)

 さらにこの作品について「これは外側の仮面みたいなものは全部はぎ取って、僕らの思う、当たり前の哲学のようなものを発信しようというだけだったんです」と続けた菅田は、「スタッフ共々、この哲学が世の中に伝わらなかったら、もうやめようという思いでいました」と当時の思いを語った。

 さらに脚本を担当した武藤将吾氏が「最初は、『学園ものであれば、あとは自由に書いてもらってかまわない』ということで。社会とか子どもたちに、普段言えないようなことを、フィクションの力を信じて、熱血教師的なものを逆説的にやってみたいと思ってやりました」とショッキングな設定、展開で話題を呼んだストーリーに言及。

菅田将暉
石坂浩二から祝福の言葉を受ける菅田

 福井雄太プロデューサーも「本当にうれしいですね。今、時代に刻みたいと思っていることを武藤さんが言葉にしてくれて。そしてそれを菅田将暉さんが届けるというか、突き刺すというか。本当に刻んでくださったので、この賞をいただけてうれしかった」と笑顔。学生を演じた若手俳優たちを「とても素晴らしかったですね。すごく緊張感を持って。皆さんがとても意志をもって、この作品を世に残すんだと強く思ってくださったことに感謝します」

[PR]

 そんな本作について、本アウォードの中町綾子選考委員長は、「連続ドラマ部門のグランプリに選ばれました『3年A組』は、回数を重ねるごとに緊張感が高まるサスペンスで、視聴者を惹きつけるオリジナルドラマだったことが高く評価されました。1話完結ではないスリリングな展開、脚本、俳優の演技、演出、いずれにおいても、高い緊張感を見出しておりました。視聴者を惹きつける今ならではの新しい、まっすぐな学園ドラマとして高い評価を集めました」と講評を述べた。(取材・文:壬生智裕)

「東京ドラマアウォード2019」受賞作品・受賞者は以下の通り。

●作品賞<連続ドラマ部門>
グランプリ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」日本テレビ放送網
優秀賞「透明なゆりかご」NHK
優秀賞「dele(ディーリー)」テレビ朝日
優秀賞「大恋愛~僕を忘れる君と」TBSテレビ
優秀賞「きのう何食べた?」テレビ東京

●作品賞<単発ドラマ部門>
グランプリ「Aではない君と」テレビ東京
優秀賞「詐欺の子」NHK
優秀賞「満願」NHK
優秀賞「レ・ミゼラブル 終わりなき旅路」フジテレビジョン

ローカル・ドラマ賞「なめとんか やしきたかじん誕生物語」関西テレビ放送
ローカル・ドラマ賞「かんざらしに恋して」NHK長崎放送局

[PR]

●個人賞
主演男優賞 菅田将暉「3年A組-今から皆さんは、人質です-」
主演女優賞 清原果耶「透明なゆりかご」
助演男優賞 横浜流星「初めて恋をした日に読む話」
助演女優賞 黒木華「獣になれない私たち」
脚本賞 安達奈緒子「透明なゆりかご」「きのう何食べた?」
演出賞 福田雄一「今日から俺は!!」

●主題歌賞
milet「inside you」(「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」オープニング・テーマ)

●海外作品特別賞
「我的真朋友 My True Friend」中国
「熱血司祭」韓国
「愛の運命」タイ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]