広瀬アリス、東京国際映画祭の開幕を彩る!「アニメ楽しみ」

第32回東京国際映画祭

今年の東京国際映画祭のフェスティバル・ミューズ、広瀬アリス
今年の東京国際映画祭のフェスティバル・ミューズ、広瀬アリス

 28日、第32回東京国際映画祭のオープニングイベントが行われ、映画祭の「顔」となるフェスティバル・ミューズを務める女優の広瀬アリスが出席。白の衣装と黒のプーツ姿で登場した広瀬がレッドカーペットを彩り、つめかけた多くのファンを魅了した。

広瀬アリス、純白ドレス姿が美しすぎ!【写真】

 ステージに登壇した広瀬は笑顔で手を振り、コメントを求められると「晴れてよかったなとホッとしています。この映画祭でみなさまにとって素敵な一本と出会えますように、映画が身近なものになってもらえるように映画を届けていきたいと思います」と挨拶した。

[PR]

 広瀬はその後、ファンとサインや写真撮影で交流し、サウンドバイツエリアに集まった報道陣からの取材にも応じた。一昨年は『巫女っちゃけん。』、昨年は『』と『旅猫リポート』で東京国際映画祭に参加しており、3年連続の登場となった広瀬。ミューズとしてトップバッターでレッドカーペットを歩いた感想を聞かれると「すごく緊張しました。車から降りる瞬間は足が震えて」と明かしつつ、「でも皆さん温かくて声をかけてくれて手を振ってくれて。今年も温かくて素敵な場所だなと思いました」と振り返った。

広瀬アリス

 映画祭について聞かれると「わたしはアニメが好きなので、アニメを楽しみにしています。(アニメ以外にも)もちろん東京国際映画祭でしか観られない作品もいっぱいあるので、たくさんの方に観ていただきたいですね」と話した。

 第32回東京国際映画祭は10月28日から11月5日まで六本木ヒルズほかにて開催される。山田洋次監督の新作映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』がオープニング作品として上映される。日本から『ばるぼら』(手塚眞監督)、『喜劇 愛妻物語』(足立紳監督)の2作品が選出されているコンペティション部門の審査委員長は中国の人気女優チャン・ツィイーが担当している。(編集部・海江田宗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]