女優・八千草薫さん死去「岸辺のアルバム」「やすらぎの郷」など

八千草薫さんご冥福をお祈りいたします(2018年撮影)
八千草薫さんご冥福をお祈りいたします(2018年撮影)

 28日、ドラマ「岸辺のアルバム」「やすらぎの郷」などで知られる女優・八千草薫さんが、24日に88歳で亡くなったことを各メディアが報じた。

【写真】昨年4月のイベントに登場した八千草薫さん

 八千草さんは今年2月にがんを公表。所属事務所の公式サイトを通じて、出演予定だったドラマからの降板を明かし「一昨年の年末にすい臓に癌が見つかりまして、昨年1月に手術致しました。術後は順調で去年は連続ドラマと舞台に出演させて頂きました。ところが今年に入りまして肝臓にも見つかり、主治医と相談しまして、この寒い季節と撮影期間の長い作品もありますので、今回は暫くお仕事をお休みさせて頂き、治療に専念することと致しました」と休養を宣言していた。

[PR]

 八千草さんは1947年に宝塚歌劇団に入り、1951年の『宝塚夫人』で本格的に映画デビュー。お通役を務めた三船敏郎さん主演の『宮本武蔵』(1954)や『蝶々夫人』(1955)などに出演した。1957年に宝塚歌劇団を退団。『乱菊物語』(1956)を手掛けた、映画監督の谷口千吉さんと結婚した。

 その後も『ガス人間第1号』(1960)、『男はつらいよ 寅次郎夢枕』(1972)、『田園に死す』(1974)などに出演。不倫に走る主婦を演じ、ドラマ史に残る傑作と名高い「岸辺のアルバム」(1977)や、「阿修羅のごとく」(1979)などテレビでも活躍した。近年も上川隆也さん主演の「執事 西園寺の名推理」(2018)に出演したが、今年放送された続編は闘病のため降板していた。1997年には紫綬褒章、2003年には旭日小綬章を受章している。(西村重人)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]