アリシア・ヴィキャンデル、日本語挑戦で「眠れない日々」

美しい…!アリシア・ヴィキャンデル

 『リリーのすべて』(2015)で第88回アカデミー賞助演女優賞を受賞したアリシア・ヴィキャンデルが、日本を舞台にした最新作『アースクエイクバード』での撮影を振り返った。

映画『アースクエイクバード』アリシア・ヴィキャンデル×小林直己【動画】

 Netflix映画となる本作は、イギリス人作家スザンナ・ジョーンズの小説を原作にしたサスペンス。1980年代の東京を舞台に、ルーシー(アリシア)とリリー(ライリー・キーオ)、ミステリアスなカメラマン・禎司(小林直己EXILE三代目J Soul Brothers)との怪しい三角関係が描かれる。

[PR]

 アリシアは本作の出演の決め手について「西洋にはないジャンルに魅力を感じたこと」と明かす。原作と脚本を読み、「主人公のルーシーが、複雑でとても深く描かれていました。彼女は奇妙な行動を取ることもありますが、過去のできごとで心に抱えているものがあるから」と演じたキャラクターに歴史を感じられたという。

 もう一つ、出演しようと決めた理由は「日本に来るチャンスだと思ったから」と嬉しそうに話すアリシア。「日本に滞在して、文化を知ることができることはとても魅力的だった」と日本での撮影を楽しみにしていたという。いざ撮影が始まると「毎日がとても貴重な体験の連続でした」と目を輝かせる。

アリシア・ヴィキャンデル

 「東宝スタジオは思い入れのあるスタジオになりましたし、スタッフの9割が撮影地となった(新潟県の)佐渡島に行ったことがないということで、みんな興奮していました」と声を弾ませ、撮影の合間には「友人がたくさんできました。彼らと一緒に食事に行ったり、休みの日はできる限り出かけましたね」と充実した日々を振り返る。

[PR]

 本作に携わった喜びを語るアリシアだが、日本に数年滞在しているルーシーを演じるために日本語を猛特訓するなど苦労もあった。「撮影前は眠れない日々を過ごしました。聞いた日本語をそのまま言うのではなく、自分の言葉で気持ちを込めて話す。これはすごいチャレンジでした」

 また、本作でハリウッドデビューを果たした小林を「深みのある演技をしていた」と分析。「彼は、この作品のためにものすごく準備をしていました。そのおかげで俳優として多くの意見を共有できて、とてもやりやすかった。お互いに高め合っていくという意味ではベストフレンドになった」と褒めちぎる。また、アリシアはバレエの経験があり、撮影の合間に2人はダンスの話で盛り上がることもあったとのこと。

 どんなことでも「挑戦することが大切」と真剣な表情のアリシア。さまざまな作品にチャレンジし続けるエネルギーの源となるのは、「想像力と情熱、そして欲望です(笑)。わたしはとても恵まれていて、趣味が仕事になって……楽しんでいます。ある意味中毒みたいなものですが(笑)」とほほ笑む。

 スウェーデン出身のアリシアは、映画を通してさまざまな世界や文化を知った経験から、Netflixを通じて多くの人に本作を届けられることに喜びを感じているそう。今後について、「アジアの文化と西洋の文化が一緒になって何かを作り上げる時代を迎えていて、これからどんどんそういった作品が増えていく。ワクワクします」と期待に胸を膨らませていた。(編集部・梅山富美子)

『アースクエイクバード』は11月15日よりNetflixにて全世界独占配信

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]