“レリゴー旋風”再び?『アナと雪の女王2』がワールドプレミア

ファンサービスをするイディナ・メンゼル
ファンサービスをするイディナ・メンゼル

 日本でも“レリゴー旋風”を巻き起こした人気ディズニー・アニメーションの続編『アナと雪の女王2』のワールドプレミアが現地時間7日、米ロサンゼルスで開催された。

【動画】メイン楽曲「イントゥ・ジ・アンノウン」MV

アナと雪の女王2
キャスト・スタッフが集結

 エルサ役のイディナ・メンゼルは「多くのスタッフたちと共に、とても美しい物語を紡ぐことができたと思うわ」と笑みを見せるも、「でも、少しほろ苦い気持ちもあるわ。世界中の皆さんに届ける準備はできているけど、自分たちが愛情を注いできた子供を送り出すような気持ちなの」と作品への深い愛情があるからこその複雑な思いを吐露。

[PR]

アナと雪の女王2
イディナ・メンゼル

 前作の「レット・イット・ゴー」に続くメイン楽曲として注目される「イントゥ・ジ・アンノウン」をはじめとする本作の楽曲に関しては、「ロペス夫妻(楽曲を手掛けるロバート・ロペス&クリステン・アンダーソン=ロペス)は、演じる私たちの声に合わせて曲を作ってくれたの。だから、どの曲も本当に素晴らしいものばかりよ。きっとたくさんの人々の心に響くと思うわ」と自信をのぞかせた。

アナと雪の女王2
クリステン・ベル

 アナ役のクリステン・ベルは「会場の盛り上がりがとても素晴らしいわ! この日を迎えられたことにワクワクしているの」と興奮。「前作のように、この作品にも魅力的な楽曲がたくさんあるの! この映画を観てくれた人々が、前作と同じようにこの作品や音楽を愛してくれるかどうか、そこにとてもドキドキしてるわ」と期待と緊張が混ざった今の心境を語った。

[PR]
アナと雪の女王2
(中央左から)ピーター・デル・ヴェッチョ、ジェニファー・リー監督、クリス・バック監督

 エルサが持つ不思議な力をめぐり、アナやエルサ、クリストフ、オラフたちが旅に出る本作。監督の一人であるクリス・バックは「なぜエルサはあの“力”を持つようになったのか、その答えを一生懸命出そうという思いで、この作品を作り上げたよ」とコメント。プロデューサーのピーター・デル・ヴェッチョも「監督の二人は今回、とても奥深い作品を作り上げてくれた。この物語は、想像もできないような、冒険へと連れ出してくれているんだ」と本作で描かれる壮大な物語をアピールした。(編集部・中山雄一朗)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]