新田真剣佑×北村匠海が急接近!『サヨナラまでの30分』場面カットが公開

イケメンが顔を近づけている
イケメンが顔を近づけている - (C) 2020『サヨナラまでの30分』製作委員会

 新田真剣佑北村匠海がダブル主演を務める映画『サヨナラまでの30分』(2020年1月24日公開)から、新田と北村が顔を近づけるシーンを捉えた場面カットが公開された。

新田真剣佑、北村匠海の切ない表情…!【写真】

 本作は、人と関わることが苦手で就職活動も失敗ばかりの大学生・颯太(北村)が、一年前に死んだバンドミュージシャン・アキ(新田)の遺したカセットテープを拾ったことから物語が展開する。テープを再生すると、30分間だけ颯太の体の中身は死んだはずのアキになり、颯太の体を借りたアキは、恋人やバンド仲間に会いに行く。

[PR]

 公開された9枚の場面カットでは、アキを筆頭にした「ECHOLL」のバンドメンバー、カナ(久保田紗友)、ヤマケン(葉山奨之)、重田(上杉柊平)、森(清原翔)の姿を見ることができる。彼らがライブハウス、野外フェス、行きつけのお店などで演奏する様子も。

07
バンドメンバー演じるキャスト - (C) 2020『サヨナラまでの30分』製作委員会

 さらに、颯太の体を借りてカナに近づくアキによって、次第に関わりを持ち、心通わせていくカナと颯太。カナを巡り、特殊な三角関係で描かれる淡く切ないラブストーリーへの期待が高まる仕上がりとなっている。ほかにも、アキが颯太のことを至近距離で見つめるシーンも収められている。(編集部・梅山富美子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]