神田沙也加、感極まり涙…『アナ雪』に感謝

涙を見せた神田沙也加
涙を見せた神田沙也加

 女優の神田沙也加が21日、恵比寿ザ・ガーデンホールで行われた映画『アナと雪の女王2』スペシャルイベントに出席。2014年1月の来日会見以来、久々の製作陣との再会に涙する場面も見られた。イベントにはジェニファー・リー(監督)、クリス・バック(監督)、ピーター・デル・ヴェッチョ(プロデューサー)、ロバート・ロペスクリステン・アンダーソン=ロペス夫妻(歌曲)も参加した。

【動画】松たか子が歌う「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」

 本作は、興行収入255億円を記録した大ヒットアニメーション映画『アナと雪の女王』待望の続編。エルサとアナの姉妹が、クリストフやオラフと共に、アレンデール王国の女王となったエルサに宿る“力”の謎を解き明かす旅に出る姿を描く。前作に引き続き、女優の松たか子がエルサ、神田がアナの吹き替えを担当する。

[PR]

アナ雪2
ロバート・ロペス&クリステン・アンダーソン=ロペス夫妻、神田沙也加、ジェニファー・リー監督、クリス・バック監督、ピーター・デル・ヴェッチョ

 ロペス夫妻やバック監督、リー監督が作品への思い、日本への愛情を語っているのを横で聞いていた神田は「映画公開のタイミングで、こうして製作者の皆さんの思いを隣で聞くことができることが嬉しい」と感慨深い表情を浮かべる。さらにリー監督は「ちょうど6年ぐらい前に神田さんとお会いしたとき、彼女の歌を聴いて感動しました。またこうしてパート2で戻ってきて、同じ優雅さと美しさでアナを演じてくれたことは、わたしたちにとって大きな意味があります」と神田を労うと熱い抱擁を交わす。

アナ雪2
アナのベルトは日本の“帯”をイメージしたことから帯のプレゼント

 感極まった神田は「そんなことを言っていただけると涙が浮かんできちゃいます」と感涙すると「こんなに素敵な人生の宝物をいただき感謝です。たくさんのクリエイターの愛情が詰まったキャラクターを、使命感を持ってファンの皆さんに伝える懸け橋になれたらという思いで演じました」と作品にかける思いを吐露していた。

[PR]

 続編が製作されると聞いたとき神田は「本当に嬉しかった。エルサがどういういきさつで魔法を得るのかなど、まだまだ気になる部分があったので、続きが知りたかったんです」とファン目線でも興奮したことを明かす。さらに「わたしの人生の年表があるなら、この作品に出会えたことは確実な分岐点です。これからも一緒に歩んでいきたい」としみじみと語っていた。

アナ雪2
新曲を生演奏したロペス夫妻

 この日はロペス夫妻が『アナと雪の女王2』で新たに書き下ろした新曲たちをメドレーで披露。うっとりするような表情で聞いていた神田は「すごく楽曲が楽しみでした。わたしは『ずっとかわらないもの』『わたしにできること』の2曲歌っているのですが、物語と曲がすごくマッチしているんです」と期待をあおっていた。(磯部正和)

映画『アナと雪の女王2』は11月22日より全国公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]